記事一覧

便所の事情 - भारत

野外での排泄

 便所の設置が、進んでも、「(あ)男性が、野外で、用を、足す、状況」と、「(い)便所の利用を、促す、政府の戦略」が、話題。

記事
トイレを作っても野外排泄をやめない男たち... インドのトイレ改革「成功」の裏側
 ・Newsweek 日本版
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年10月12日(月) 11時10分

語句
・भारत
 ・外務省
 ・Wikipedia

僕の見解

 「(A)先進国の現状でも、男性が、野外で、排尿、等を、行う、事は、生じて、いる」が、更に、「(B)一人旅を、行って、いる、女性でも、緊急避難的な感覚で、野外で、用を、足す、事が、有る」のも、事実。

 また、「児童の教育で、十分に、認識させる、必要が、有る」とも、思うに、至る。

 僕の知る、限りで、『第二次世界大戦前、及び、その後』では、本邦でも、『便所の事情』は、問題視されて、いた。

 特に、昭和の50年代に、生じた、『 Cholera 』の発生、等が、脅威と、成って、便所の衛生、等が、現代の観点で、問われた。

 更に、汚物の処理で、『(ア)汲み取り式』から、『(イ)水洗、及び、下水化』へと、地方の自治体も、取り組む、傾向と、成った。

 よって、『本邦の民が、便所を、用いる』との観点は、「(Ⅰ)現在に、至っても、完全と、言えず、(Ⅱ)それでも、文化感(理性の観点)ならば、『(a)心境の範囲で、罪悪感』、並びに、『(b)緊急的避難』の観点で、受け止められて、いる」のが、『現状の先進国における、実情』と、想える。

 なお、「本邦(日本国)では、軽犯罪法で、規制が、有る」ので、留意が、必要。

語句
・Cholera(コレラ) #日本におけるコレラ
 ・Wikipedia

・汲み取り式便所
 ・Wikipedia

関する、法律

軽犯罪法(電子的政府
昭和二十三年 法律 第三十九号

第一条
 左の各号の一に該当する者は、これを拘留又は科料に処する。

 二十六号
 街路又は公園その他公衆の集合する場所で、たんつばを吐き、又は大小便をし、若しくはこれをさせた者

 二十七号
 公共の利益に反してみだりにごみ、鳥獣の死体その他の汚物又は廃物を棄てた者