記事一覧

令和02(皇紀 2680;2020)年度 立福健・第2743号

内容

 平成30(皇紀 2678;2018)年度、令和元(皇紀 2679;2019)年度の自殺者の数を、調査。

参照

令和02(皇紀 2680;2020)年の進捗/62
 ・万学2 - No.667

返答

ファイル 10299-1.jpg

ファイル 10299-3.jpg

ファイル 10299-2.jpg

女王が、軍研究施設を、訪問 - 英国

外出の公務は、約半年ぶり

 「(A)国民に、『店内、屋内、等で、Mask の着用が、義務付けられて、いる」が、「(B)女王は、Mask の不使用を、決定」を、巡って、一部の民に、不和が、生じて、いる。

エリザベス女王、コロナ封鎖後初の外出公務 マスク不使用めぐり批判の声も
 ・Newsweek 日本版
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年10月16日(金) 11時05分

僕の見解

 「女王の偽者と、誤認(揶揄に、指摘)される、事を、避ける、目的が、有る」とも、想える。

陸上幕僚長が、謝罪 - SARS-CoV-2

BBQ で、感染が、拡大か

 二十代の女性隊員、34人の感染が、確認された。

記事
陸自トップが感染続出を謝罪 「バーベキューは気の緩み」
 ・岐阜新聞社
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年10月15日 17時16分

非正規社員における、待遇 - 大阪医科大、メトロコマース - 最高 裁判所 - 判決

職務内容を、考慮

 期間契約職員に、「『(A)正職員の約八割、相当の賞与が、支給』され、『(B)女性の年間支給額も、平成25(皇紀 2673;2013)年04月に、新規で、採用された、正職員の基本給、賞与の合計額と、比べても、五割五分程度の水準に、留まって、いた』、等の理由から、『(C)不合理と、認めない』との判決」が、有った。

記事
非正規労働者の賞与・退職金不支給訴訟の最高裁判決要旨
 ・産経新聞社
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年10月14日 08時00分

ボーナス、退職金認めず 格差「不合理でない」―非正規訴訟判決・最高裁
 ・時事通信社
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年10月13日 20時59分

僕の見解

 近年、『(a)外国人、(b)帰化人』(外来人)の労働者で、不平等の主張が、増えて、いる、感じに、想える。

 また、『弁護士(特に、人権派)にも、外来人が、増えて、いる、事』で、「主張が、増えて、いる」のかとも、想える。

非正規社員における、待遇 - 日本郵便 - 最高 裁判所 - 判決

正社員との手当や休暇の格差

 『不合理』と、判断。

記事
日本郵便格差訴訟 労働実態を重視も…難しい画一的判断
 ・産経新聞社
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年10月15日 20時10分

僕の見解

 「裁判所が、『仕事の質、及び、量、等』が、基準と、成って、判断を、行った」と、想える。

 つまり、「正社員と、同等の仕事ならば、当然に、給料も、同等に、扱う、理由は、生じて、いる」との観点と、成る。

 また、「労働者が、不利な労働の契約で、雇用される、事を、避ける」との観点も、有るのかと、想われる。

 更に、民法の観点から、『契約の自由』(『(甲)雇用主』、『(乙)雇用者』の片方に、有利、不利な契約が、生じても、『(丙)契約を、行った』ならば、法の観点から、有効)の判断も、有る。

※ 補足 ※
 『契約書の存在、及び、署名の捺印、記名の押印』は、本邦の他、あらゆる文化でも、問題視されて、いる。

 特に、「本邦の『文化』(歴史)では、『(A)売春における、人身の売買』、『(B)借金』、『(C)決意、同士の誓い』等で、『(A')起請、(B')証文、(C')血判状』、等が、現在でも、落語、等を、介する、形式で、語り、継がれて、いる、、、程。

>落語の例
・三枚起請
 ・Wikipedia

語句
・起請
 ・Wikipedia

・証文
 ・Wikipedia

・血判状
 ・Wikipedia

※ --- ※

 その本邦における、文化感から、「本邦の民は、時に、不公平な(契約者の当人に、明確な不利益が、生じる、事が、解る:不合理な)契約、取引と、解っても、何だかの心境から、それに、応じる、心境に、陥る、事が、有る」のが、歴史からも、解り、「故に、救済が、必要と、成る、事」も、解る。

 ・・・が、、、「(弌)その救済心(人の善意)も、過剰と、成れば、倫理(自治)性の低下に、至る(繋がる)、事例も、有って、(弐)難民、等の救済で、生じて、いる」のが、現状。