記事一覧

休日を、理由に、弁護人選任の手続きを、行わず - 滋賀県 警察 草津署

国家公安委員会規則の違反

 留置管理課員が、休日を、理由に、手続きを、三日間も、怠った。

記事
3日間国選弁護手続き怠る 滋賀県警、逮捕の容疑者に
 ・産経新聞社
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年11月28日 12時30分

関する、法規

参考
・被留置者の留置に関する規則
 ・電子的政府
  ・公布日
   ・平成19(皇紀 2667;2007)年05月25日

第十五条(被留置者の申出に対する措置)
 留置担当官は、被留置者からその処遇又は弁護人の選任等につき申出があったときは、直ちに留置主任官に報告し、必要な措置が執られるようにしなければならない。

僕の見解

 「他の警察署でも、同等の扱いが、行われて、いた、可能性」が、懸念される。

 また、「土日の対応に、理解が、不足」との事から、『以前から、常習的に、行って、いた』との事も、解る。

 更に、この事件では、「本件の被告が、逮捕された、理由とは、別事件の扱いに、成る」のが、普通と、想えるが、場合によって、「裁判官が、暗黙で、逮捕原因事件との相殺を、図る、危険性も、有った」と、想える。

参院議 議員の秘書による、上告 - 最高裁判所 第1小法廷

棄却

 「車上運動員へ、違法な報酬を、与えた」(買収:公職選挙法の違反)との容疑で、罪に、問われた、被告側から、上訴されて、いた。

記事
河井案里被告秘書の上告棄却 最高裁、連座制適用なら失職へ
 ・産経新聞社
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年11月28日 11時08分

語句
・上訴
 ・裁判所 > 裁判手続案内 > 裁判所が扱う事件 > 民事事件 >  判決に対する上訴ー控訴と上告

『ごみ』の輸入を、全て、禁止 - 中共国

三年前から

 段階的に、『廃棄物輸入規制』が、行われ、令和03(皇紀 2681;2021)年一月から、全て、禁止と、成る。

記事
中国、すべてのごみの輸入禁止 2021年1月から
 ・AFP BB NEWS
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年11月28日 10時06分

語句
・中共国(中華人民共和国)

僕の見解

 中共国への、輸出が、閉ざされる、先進国、等では、『ごみ処理の問題』を、抱える、事にも、成る。

 逆に、『戦略性の観点』で、想えば、「『(A)異常な短期間』で、『(B)輸入の禁止』を、行う、事で、生じる、『(C)輸出国の弊害、等』を、想えば、『(D)策略的に、展開されて、いた』と、想える」との観点から、「中共国との外交は、今後も、過剰な信頼を、抱くのは、間違い」と、想える。

 また、本邦では、以前(僕の把握では、二十五年以上も、前)から、「『(弌)一般の中小企業でも、中共国への営利的展開で、大損に、至って、いる、事』が、多く、『(弐)逆に、中共国からの人材は、隷従化され、悪用される、事の外、悪事(違憲、違法、不法、不道徳、等)を、働く、者も、多い』との認識が、強い」ので、「中共国からの民に、疑念を、抱く、人が、多いのも、普通」と、成って、いる。

 なお、現行の中共国から、本邦への渡航者(観光、留学、移民、等)には、『(a)台湾、上海、系』、『(b)外、本土系』の二種に、分けられ、「(a)と、(b)では、思考(嗜好、性格、等を、含む)が、大きく、異なる」(主たる、原因は、『基礎の教育が、異なる、事』と、想える)との部分にも、留意が、求められて、いる。

光る茸の新種を、発見 - भारत गणराज्य

なせ、光るのか

 『(弌)中共国 科学院』と、『(弐)পশ্চিম বঙ্গ 州立大学』の共同研究班が、実地で、調査。

記事
インドで「光るキノコ」の新種が見つかる......地元では、懐中電灯の代わり
 ・Newsweek 日本版(松岡 由希子 嬢)
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年11月27日(金) 16時45分

語句
・भारत गणराज्य( Republic of India:インド共和国)
 ・外務省
 ・Wikipedia

・পশ্চিম বঙ্গ(西ベンガル州)
 ・Wikipedia

僕の見解

 『植物の進化』は、動物よりも、不思議に、想える。

 「『(あ)脳が、無い』ので、『(い)各細胞へ、情報の伝達、及び、統制』が、『(う)どの器官で、行われて、いるのか』が、不明」と、成って、いる。

 例えば、「花、葉が、日光、及び、光が、強い、方向に、向く」、等の動作が、『何に、基いて、制御されて、いるのか』が、追求の課題に、成って、いる。

 また、『脳(統制を、司る、器官)』が、無い、状態でも、動く、状況は、『君主無き、国家』(指導、先導者、等が、不在な環境でも、民が、『共同、及び、協力』の関係から、業の遂行を、行う、状態;連帯が、可能な人々も、居れば、不可能な人も、居るが、故に、「人類の規模では、完全な、『共和、共産』的主義の実在は、不可能」*1と、想える;『人工的な知能』によって、構成された、集団ならば、可能とも、想える)にも、似た、感じに、想える。

捕捉

 『(A)情報源は、Tāmaki-makau-rau( Aotearoa:学術雑誌社の拠点 ) 』で、『(B)भारत は、英国連邦(共和)国』、『(C)挙句の果に、外務省の頁には、「 India 」とだけ、表記され、「(連邦)共和国」の表記が、無い』との状況。

 ・・・っふ、ふふ、、、見事な記事(仕掛け)だよ、、、松岡 由希子 君、、、w

 なお、『(a)中共国』と、『(b)भारत गणराज्य 』は、『中印国境紛争』の状態が、続いて、いる(故の課題、『国 PayPay の利用 - 日誌/進捗/令和02年度/134』が、有る)のだよ、、、ww

語句
・英国連邦国( Commonwealth of Nations )
 ・Wikipedia

・Tāmaki-makau-rau( Auckland:オークランド)
 ・Wikipedia

・Aotearoa( New Zealand:ニュージーランド)
 ・外務省
 ・Wikipedia

*1:「共和主義は、事前に、『民の自立』(民主主義;法令、規則の厳守、及び、完全なる遂行)が、有って、後の過程(信頼の有る、民達の協調)で、形成される」が、人類の規模では、不可能で、『極限られた、人達の繋がり』で、形成された、『思想、及び、政治』から、「一般の民が、意識の操作を、受けて、いる」のが、現状で、故に、『統率者の存在が、必ず、生じる、事』から、人類には、『完全な共産、共和』の形成が、不可能と、解る。また、小集団での規制には、『憲法、法律、道徳』、等が、有り、それらの完全なる厳守が、条件で、初めて、民主主義構成員の一人が、成り立つ。なお、捕捉と、成るが、米国の大統領、『 Donald John Trump 』は、元民主党員で、共和党から、大統領に、成った、人物と、成り、Freemasonry の理想的な進化の流れを、辿って、いる。