記事一覧

切断後、両方が、再生 - コウガイビル

雌雄同体種

 雄、雌の両性器を、有する、生物。

記事
半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に
 ・Newsweek 日本版(松岡 由希子 嬢)
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年11月10日(火) 18時00分

語句
・コウガイビル
 ・Wikipedia

僕の見解

 僕が、知る、限り、両性器同体の生物は、植物の他、意外に、多く、存在する。

 人の両性器同体だと、「奇形腫(突然変異的)と、医学の観点で、分類される」が、僕の観点だと、「人を、含めて、『その個体が、地球上で、完全体と、成った、場合』は、個体の分離( Clone )で、繁殖を、行う」(自説)と、想える。

 また、『環境の変化に、適応』との観点から、『(あ)必要最低限の能力を、持って、誕生』後、『(い)成長の過程で、環境に、合う、体型、性格、学習が、生じる』とも、想える。

 参考に、『(ア)植物(各生息地域で、固有な植物の生体を、知る:気象の条件で、異なる、性質、等)』、『(イ)ミジンコ、ミミズ、等』の生態、『(ウ)人が、環境に、適応を、行う、観点と、子供が、成長の過程で、自然に、得る、能力、等』を、想うと、『人の両性器同体』も、『過剰に、奇形と、差別を、行う、事』は、不適切に、想える。

 なお、「僕は、人の現状における、『(Ⅰ)国境と、文化』にも、類似の観点が、問われて、いる」と、判断するに、至って、おり、『(ⅰ)国の境』、『(ⅱ)文化の違い』では、『(Ⅱ)身体の成長、及び、環境への適応』にも、影響が、及ぶ」と、想って、いる、故に、『(Ⅰ)』の違いは、「(1)人にとって、重要」で、「(2)『(1)』を、無くす、事を、想うのならば、『①理解』と、『②適応』が、必要」と、想って、いる。

参考
・山小屋(万屋の Blog)
 ・Mail Magazine::万学
  ・No.0676 子孫を残さない、働き蟻と蜂の存在を考える。
  ・No.0376 零、ゼロ、0、Zero
 ・放送の研究::Podcast 番組詳細
  ・No.0264 Clone(くろーん) その2

語句
・Clone(クローン)
 ・Wikipedia

・ミジンコ
 ・Wikipedia

・ミミズ
 ・Wikipedia

ページ移動