記事一覧

光る茸の新種を、発見 - भारत गणराज्य

なせ、光るのか

 『(弌)中共国 科学院』と、『(弐)পশ্চিম বঙ্গ 州立大学』の共同研究班が、実地で、調査。

記事
インドで「光るキノコ」の新種が見つかる......地元では、懐中電灯の代わり
 ・Newsweek 日本版(松岡 由希子 嬢)
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年11月27日(金) 16時45分

語句
・भारत गणराज्य( Republic of India:インド共和国)
 ・外務省
 ・Wikipedia

・পশ্চিম বঙ্গ(西ベンガル州)
 ・Wikipedia

僕の見解

 『植物の進化』は、動物よりも、不思議に、想える。

 「『(あ)脳が、無い』ので、『(い)各細胞へ、情報の伝達、及び、統制』が、『(う)どの器官で、行われて、いるのか』が、不明」と、成って、いる。

 例えば、「花、葉が、日光、及び、光が、強い、方向に、向く」、等の動作が、『何に、基いて、制御されて、いるのか』が、追求の課題に、成って、いる。

 また、『脳(統制を、司る、器官)』が、無い、状態でも、動く、状況は、『君主無き、国家』(指導、先導者、等が、不在な環境でも、民が、『共同、及び、協力』の関係から、業の遂行を、行う、状態;連帯が、可能な人々も、居れば、不可能な人も、居るが、故に、「人類の規模では、完全な、『共和、共産』的主義の実在は、不可能」*1と、想える;『人工的な知能』によって、構成された、集団ならば、可能とも、想える)にも、似た、感じに、想える。

捕捉

 『(A)情報源は、Tāmaki-makau-rau( Aotearoa:学術雑誌社の拠点 ) 』で、『(B)भारत は、英国連邦(共和)国』、『(C)挙句の果に、外務省の頁には、「 India 」とだけ、表記され、「(連邦)共和国」の表記が、無い』との状況。

 ・・・っふ、ふふ、、、見事な記事(仕掛け)だよ、、、松岡 由希子 君、、、w

 なお、『(a)中共国』と、『(b)भारत गणराज्य 』は、『中印国境紛争』の状態が、続いて、いる(故の課題、『国 PayPay の利用 - 日誌/進捗/令和02年度/134』が、有る)のだよ、、、ww

語句
・英国連邦国( Commonwealth of Nations )
 ・Wikipedia

・Tāmaki-makau-rau( Auckland:オークランド)
 ・Wikipedia

・Aotearoa( New Zealand:ニュージーランド)
 ・外務省
 ・Wikipedia

*1:「共和主義は、事前に、『民の自立』(民主主義;法令、規則の厳守、及び、完全なる遂行)が、有って、後の過程(信頼の有る、民達の協調)で、形成される」が、人類の規模では、不可能で、『極限られた、人達の繋がり』で、形成された、『思想、及び、政治』から、「一般の民が、意識の操作を、受けて、いる」のが、現状で、故に、『統率者の存在が、必ず、生じる、事』から、人類には、『完全な共産、共和』の形成が、不可能と、解る。また、小集団での規制には、『憲法、法律、道徳』、等が、有り、それらの完全なる厳守が、条件で、初めて、民主主義構成員の一人が、成り立つ。なお、捕捉と、成るが、米国の大統領、『 Donald John Trump 』は、元民主党員で、共和党から、大統領に、成った、人物と、成り、Freemasonry の理想的な進化の流れを、辿って、いる。

ページ移動