記事一覧

非正規社員における、待遇 - 大阪医科大、メトロコマース - 最高 裁判所 - 判決

職務内容を、考慮

 期間契約職員に、「『(A)正職員の約八割、相当の賞与が、支給』され、『(B)女性の年間支給額も、平成25(皇紀 2673;2013)年04月に、新規で、採用された、正職員の基本給、賞与の合計額と、比べても、五割五分程度の水準に、留まって、いた』、等の理由から、『(C)不合理と、認めない』との判決」が、有った。

記事
非正規労働者の賞与・退職金不支給訴訟の最高裁判決要旨
 ・産経新聞社
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年10月14日 08時00分

ボーナス、退職金認めず 格差「不合理でない」―非正規訴訟判決・最高裁
 ・時事通信社
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年10月13日 20時59分

僕の見解

 近年、『(a)外国人、(b)帰化人』(外来人)の労働者で、不平等の主張が、増えて、いる、感じに、想える。

 また、『弁護士(特に、人権派)にも、外来人が、増えて、いる、事』で、「主張が、増えて、いる」のかとも、想える。

ページ移動