記事一覧

12歳の娘に、わいせつな行為、及び、性的な暴行 - 大津 地方 裁判所 - 判決

強制わいせつ、及び、強制的性交

 無罪。

 『(A)被害に、遭った、時期』、『(B)被害の特徴的な内容に、関する、娘の証言で、「枢要な部分」が、捜査の段階と、公判で、変遷」、等と、指摘。

記事
12歳娘にわいせつ、父親無罪「証言の信用性に疑問残る」
 ・産経新聞社
  ・令和03(皇紀 2681;2021)年03月23日 10時56分

参考
・大津 地方 裁判所
 ・Wikipedia

僕の見解

 「事件の当時、興奮の状態に、有った」と、想える、『(a)被害者』、『(b)加害者』の『(c)鮮明な記憶』を、証言に、用いるのは、心理(学)上での問題からも、困難と、解する。

 このような場合では、「科学的な捜査(追求、立証)が、求められる」と、判断。

 つまり、『(甲)証言』と、『(乙)科学での根拠』(立証)を、『(丙)「(a)、(b)」が、「(乙)での立証性を、認めるのか』で、判断を、行う、方法が、有るのかと、想える。

ページ移動