記事一覧

性交と、快感

人が、適度な性交の時間を求める理由

 諸説、色々と有るようです。

参照
 射精にはなぜ時間がかかるのか? - Newsweek 平成30(皇紀 2678;2018)年11月2日(金)16時00分

 「男女で、別々の『観点(都合)』が有る」と、想える。

 一般的には、「男性が女性を、喜ばせる(女性を、十分に満足させる)事」へ、拘る傾向に有り、それが女性による『(A)浮気の防止、(B)不貞な行為は、『配偶者の外が、受胎の相手と成る危険性』へ、結び付く事にも値する』と想われつつ、「男女に限らず、『恋愛の相手を性的に満足させられないと、関係が破断するに至る事が、多い」と言われており、恋愛的な事情においては、重要視されている。

性交を、快感に思う理由(僕の医学的に伴わない判断)

 本来だと、身体に刺激が生じた時は、『(あ)『痛み(及び何だかの苦痛)』等を感じたり、(い)反射的動作』が、生じる。

 性交(など)では、『(ア)作用を抑制され、(ウ)その副作用により、快感が生じる』と、想われる。

 解説

 苦痛と成れば、反射的に避けるが、それが快感に変わるならば、
その苦痛を受け入れる事を、意味する。

 つまり、論理式からも解る通りで、『苦痛=避ける』、『苦痛<快感=求める』との式が、成り立つ。

 女性の場合は、出産にも関係する作用とも想えるが、その作用が過剰と成ると、心身に苦痛的な刺激を感じると、快感を感じるような状況に陥る*1と、想える。

*1:Masochism(俗称では、『マゾ:M』と呼ばれる)的な心身が形成される事を、意味する

ページ移動