記事一覧

思い出の Handkerchief

電車内で、、、。

 僕が、暴行を、被って、顔(唇の部分)からの出血時、前に、座って、いた、他校の女子高生が、「これ、使って、下さい」と、手渡された、物。

>捕捉
 周囲に、居た、同学年の友人、等からは、「てぃーっすぅ、もっと、無いのかぁ、足りないぞぉ」(「お前、『すこ』って、使っちまったんじゃ、ないのかぁ」、等)と、言うような、状況でも、あった。

ファイル 10369-1.jpg

 後に、同学年の友達、等が、「今度、会ったら、礼を、言うんだぞぉ」、「ちゃんと、洗濯後のを、返すんだぞぉ、、、いや、待て、新品を、買え、、、」、等と、『悪友共』が、言って、いた、記憶も、有るのだがぁ、、、w

後日談

 後日に、同学年の友達、等が、該当の女子を、見付け、「(あ)名前を、聞いて、来いよ、(い)お礼に、『新品の Handkerchief 』を、贈れ」、等と、『五月蝿い』(うるさい)ので、『(あ)』の確認を、行ったが、『自分と、同じ、氏』で、驚いた。

 

ページ移動