記事一覧

文章と、仕事の関係

人間性(人と、人の繋がり)

 『伝わり、難い、表現』で、更に、『誤字、脱字が、生じて、いる』ならば、意思の疎通も、困難に、陥る。

記事
仕事がダメな人はメールの文章に気を使わない 相手に伝わりにくい言葉、誤字・脱字はNG
 ・Newsweek 日本版
  ・令和03(皇紀 2681;2021)年02月19日(金)19時00分

僕の見解

 逆に、『伝わり、易い、表現』でも、『誤字、脱字が、生じた』ならば、『受け留め方』が、自己で、解析を、行う、事で、自動的な補正が、生じる。

 夫婦、親子の間、親友、職場での人間関係性でも、『健全に、保たれて、いる』ような、環境、ならば、受け留め方で、自動の補正が、生じる。

 また、『行動』、『情報の適格性』(確認)、等が、必要の場合では、再確認が、求められる。

 例えば、僕が、助手席で、「次の交差点を、左」(本当は、『右』が、適切:つまり、誤り)と、言っても、『運転手が、右に、曲がる』との状況、等。

 競合性の高い、人間の関係では、故意に、情報の伝達を、困難化へと、試みる、輩が、居る。

 僕の体験では、司法(裁判所、警察系)の分野、等で、異常に、多い、事が、判って、いる。

ページ移動