記事一覧

同性愛 Couple の住所を、県議会の議員が、晒す - 三重県 議会

特定の議員へ、質問状が、送られて、来た、事が、原因

 (「A)公開質問状を、送った、同性愛 Couple (同県 伊賀市 在住)の『(a)氏名』と、『(b)住所』」を、「(B)県議会 議員が、無断で、Blog に、公開を、行って、いる」との事。

 また、「(C)削除の要請にも、応じて、ない」との事。

 該当の議員が、「(Ⅰ)『地方の Partner Ship 制度は、国を、追い込む、為の戦略』と、Twitter で、主張」、「(Ⅱ)『(Ⅰ)の件』で、同性恋愛関係者が、該当の議員に、質問状を、送って、いた」との事。

記事
県議が同性カップル住所無断掲載
 ・一般社団法人 共同通信社
  ・令和03(皇紀 2681;2021)年04月05日 10時36分

語句
・Couple
 ・Wikipedia

・三重県
 ・公式 Web Site
 ・Wikipedia

僕の見解

 本来、『 Partner Ship 』との語句は、西洋の文化圏(及び、その影響を、被って、いる、文化)で、Business Word で、用いられて、いた。

 本邦の文化(今時代)だと、『 Partner Ship 制度』と、称するのは、『同性 Couple の実質的結婚を、地方の自治体が、認める、制度』で、用いられて、いる。

 「該当の議員が、前出の『(Ⅰ)』の主張で、『戦略』との表現を、行って、いる」が、「火種を、煽った」ような、事態と、成って、いる。

 本当の意味で、『本件の戦略性』を、解析するならば、
『まっち・ぽんぷ』が、適切と、想える。

参考の記事
「パートナーシップ制度」導入が100自治体に 性的少数者の支援に広がり
 ・東京新聞(中日新聞東京本社)
  ・令和03(皇紀 2681;2021)年04月01日 13時06分

外の参考
・日本における同性結婚
 ・Wikipedia

語句
・Partner Ship
 ・Wikipedia

同性愛の結婚で、親が、どのように、思うのか

 同性愛の問題では、当事者だけに、限らず、周囲の人間(関係)にも、影響が、生じる。

 ・・・が、文化の観点から、「慣れて、無い、だけ」との発想も、有る。

 つまり、「同性愛者達が、一般の生活で、極普通に、存在する」との環境では、どうか。

 ・・・との外で、同性者の親(親戚を、含む)が、どのように、思うのか。

 『(ⅰ)自らの「(1)遺伝子、(2)意思」を、引継ぐ、子孫の存在を、期する、親の心境』と、『(ⅱ)人口の生産に、物理的な観点から、困難を、要する、 同性愛 Couple 』との関係が、問われ、更に、『(ⅲ)養子、代理の出産、精子の提供、等で、産まれた、子供が、背負う、"社会的な負担"』、等も、問題視される。

補足
 つまり、「子供に、罪が、無い」のに、「親の都合で、
障害者の如く、社会的な負担を、背負って、産まれて、
くる」との状況が、問題視される。

 逆に、「各国で、移民(外来人)の問題が、生じて、いる」が、『移民の子孫に、よって、生じる、不経済』も、問題視されて、いる。

 論理式では、『不合理 + 不平等 = 不経済』から、『経済性の利益化を、図る = 不合理 ☓ 不平等』と、『一般的な利益 ÷ 過剰な合理化 = 平等的な民の個々へ、分配された、利益、並びに、"余り"(現状の環境が、不合理に、想える、少数派の存在)』との表現で、解る、通り、「割り切れない、『世情と、環境』で、余った、少数派の存在を、どのように、保護を、行うか」が、問われ、何事でも、『四則の演算』で、表現を、行うと、一般の人でも、解り、易く、成ると、想える。

 よって、本件の問題では、主たる、事件は、『(あ)個人の情報を、保護』と、成るが、『(い)外に、同性愛 Couple の存在を、護る』との観点が、問われ、『(弌)仮に、同性愛結婚の合理化を、行った、後に、(弐)代々の子孫で、同性愛者が、発生後、「"遺伝の継続"を、不安に、思う、親の心境を、考えるならば、どうか」が、世間(大衆)的に、問われて、いる』のが、現状。

 なお、「(一)科学の発展で、同性婚でも、遺伝が、可能に、成った」ならば、「(ニ)一般の大衆、及び、民の個々が、どのように、想うのか」は、未来にと、託す、外に、無い、感じ。

ページ移動