記事一覧

日本国で、働きたい、留学生

疫病の関係から、訪日客が、99%の減少

 留学生の 96 % が、日本国内での労働を、希望。

記事
訪日客99%減でも、留学生の96%「日本で働きたい」
 ・産経新聞社
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年09月11日

僕の見解

 日本国で、働きたい、外国人の本音は、『(A)通貨』、『(B)文化』の関係と、判断。

>(A)通過
 僕が知る限り、「約二十五年前頃だと、本邦の百円が、中華人民共和国で、十倍程度の価値に、成る」と、聞いて、いる。

 つまり、「日本円を、母国(祖国)の通貨に、換算すると、利益が、生じる」との観点が、有る。

 現在では、「通貨の差が、縮まって、いる」が、それでも、利益が、生じる、事が、有る。

>(B)文化
 母国(祖国)では、差別的な扱いを、受けても、本邦だと、比較的に、「良き、外国人」と、受け入れられ、易い。

 後に、『(a)倫理観の低さ』、『(b)文化の低水準』(居住地周辺の文化、及び、規律、等にと、不服従:当人は、祖国の文化を、過剰に、強調)、等を、経て、嫌がれる、傾向に、有る。

 故に、『(Ⅰ)好かれて、いる、時期に、仲間(留学生、同胞、助けれ、くれる、人、等)の繋がりを、作る、傾向に、有る』が、『(Ⅱ)宗教に、取り込まれる、事例も、多い』が、『(Ⅲ)宗教を、隠れ蓑に、資本の回収(寄付、お布施、等の請求、外に、霊感商法、等の詐欺を、含む)を、行って、いる、組織、等も、在る』のが、現状で、「宗教(実質的には、似非)の団体で、指定暴力団への上納金制度と、同等の事が、行われて、いる」と、判断するにも、至って、いる。

ページ移動