記事一覧

犯罪の公式 その一 (-1)×(-1)=+1

 この物語は、作り話で、現実に、生じて、いるのかは、不明。

事件

(一)
 指定暴力団の三次団体で、組長(74歳)が、覚醒剤の所持で、逮捕された。

(ニ)
 『(一)』の事件に、伴い、組事の務所、家宅を、捜索。

 数 Kg の覚醒剤が、発見された。

(三)
 なお、組長は、容疑を、認めて、いる。

裁判

 被告は、『(A)検察の主張(求刑 懲役 10年を、含む)を、認めて、いる』、『(B)また、本事件の反省を、主張』、『(C)他は、裁判所の判断に、委ねる』と、答弁。

判決

 被告は、「(弌)組織の長で、あって、(弐)覚醒剤の取扱を、組内で、仕切って、いた」が、これ迄の生い立ちを、考慮。

 なお、「(a)検察が、組織的な活動の指摘を、行って、おり、(b)被告は、その事実を、認めながらも、(c)組織の構成員を、明確に、示す、事が、無かった」ので、『他者の犯罪を、隠避の目的で、黙秘を、続けた』と、解するに、至る。

(判決)
 故に、裁判所は、被告に、『懲役 九年』を、課する。


 本件の被告は、控訴権を、放棄。

参考
・覚醒剤取締法
 ・電子的政府
 ・Wikipedia

 判決後、被告側の弁護士から、被告の心身的健康の確認を、求められ、医療刑務所にて、本件被告人を、検査。

 高齢に、伴う、重症の疾患が、確認された。

国家公安委員会からの報告書

 本事件では、覚醒剤の入手を、行った、経路が、不明と、成って、いる。

 明確に、判って、いるのは、覚醒剤の『携帯、並びに、事務所、家宅での所持』だけ。

事実は、(-1)☓(-1)=1

 本件は、大型暴力団の組織が、三分割され(主原因は、覚醒剤の取扱い、法度令)、内一つの団体で、生じた、事件。

 過去(組織の分割前)に、北海道の地域へ、進出を、図った、組織は、地域に、二次的団体の一派を、設置。

 長年に、特定の地域を、仕切るに、至って、いた。

 北海道の地域では、拳銃、等の密輸における、経路でも、知られて、いる。

 組織は、界隈で、何者かによる、覚醒剤の密売を、感知。

 急遽に、三次的集団を、形成後、隠密で、調査を、行った。

 結果、海外の Syndicate による、密売と、判明。

 三次的集団は、Syndicate 討伐の体制に、入り、組織を、再編、密売の組織を、制圧後、薬物を、押収、その一部を、本件の組長が、故意で、持ち歩きつつ、顔見知りの商店へ、飲食を、理由に、巡りつつも、薬物の一部を、見せて、回った。

 その結果、匿名の通報に、基づき、前出の(一)、(ニ)に、至った。

語句
・Syndicate
 ・Wikipedia

結語

 事実は、小説よりも、奇っ怪だった。

後書き

 該当の組長は、医療刑務所で、手厚い看護を、受け、数年後に、回復。

 服役中、刑務官から、模範囚(仮釈放を、得る、可能性が、高まる)と、成る、事を、勧められたが、高齢を、理由に、辞退、刑期の満了後に、出所。

 なお、本事件では、組長(自称)の他、逮捕者が、無い、事件で、逮捕後から、刑期満了後の出所に、至る、迄の費用は、全て、国費で、賄われた。

月は、知って、いる。

参考
MOON
 ・REBECCA ( YouTube )

 三次的集団が、再編成される、前に、国家公安委員会の構成員へ、一次団体の幹部が、事態の説明、討伐の戦略と、黙認を、求めており、その約二週間後、秘密裏に、非公式で、承認された。

 また、三次集団による、Syndicate 討伐の構成員には、元自衛官の二人(一人は、風俗店の雇われ、店長、兼用心棒、もう一人は、二次的団体が、贔屓を、行って、いる、板前料理店の店員で、時々に、特殊な性風俗店の利用客)が、含まれて、いた。

 更に、本件で、逮捕される、者の治療、及び、受刑中の保護も、了承と、成った、事も、含まれる。

 よって、本事件は、『重層な事件』で、真相(深層)が、公に、成って、無いが、「報道にて、公にと、成った、事件でも、有る」ので、一般人の誰でもが、「相応の事件が、生じた」と、表見上の事件だけを、知る、事と、成りつつも、逆に、大衆が、深層を、知る、迄に、至る、事は、無い。

 なお、本件に、限らず、事件によっては、極稀に、深層を、探る、事を、試みる、奴も、居るが、、、それを、知っても、誰もが、その事実を、受け入れ、難い、傾向に、有るのが、人間(つまり、人類)の習性と、成って、いる。

Night Of The Moon Report
By ''+K''

参考

刑法
 公布 平成三十年七月十三日
 改正 平成三十年 法律 第七十二号

第三十五条(正当行為)
 法令又は正当な業務による行為は、罰しない。

第三十六条(正当防衛)
 急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するため、やむを得ずにした行為は、罰しない。

 二項
 防衛の程度を超えた行為は、情状により、その刑を減軽し、又は免除することができる。

第三十七条(緊急避難)
 自己又は他人の生命、身体、自由又は財産に対する現在の危難を避けるため、やむを得ずにした行為は、これによって生じた害が避けようとした害の程度を超えなかった場合に限り、罰しない。ただし、その程度を超えた行為は、情状により、その刑を減軽し、又は免除することができる。

 二項
 前項の規定は、業務上特別の義務がある者には、適用しない。

ページ移動