記事一覧

性行為の最中に、避妊具を、外す - République française

罪状は、不明

 「強姦罪の適用外と、成って、いる」が、故に、「どのように、裁くのか」が、焦点と、成って、いる。

記事
性行為中に避妊具外す「ステルシング」疑惑、仏外交官を捜査
 ・AFP BB NEWS
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年09月30日 12時32分

語句
・République française
 ・外務省
 ・Wikipedia

僕の見解 - 刑事で、課する、責任と、人の習性

 準強制性交と、想える。

 『(弌)性交の相手から、条件を、満たす、事で、開始された、性交』(契約)で、『(弐)相手が、条件を、勝手に、破棄、性交を、行った』(債務不履行)で、生じる、被害は、何か。

 『(A)感染症の被害』、『(B)計画性の無い、妊娠』、『(C)「(A)、(B)」への恐怖感』、『(D)「(C)」の克服を、求めるが、故の相談、検診、等』が、有るのかと、想われる。

 男性の場合には、『(B)』の観点を、除くが、それでも、他の『(A)、(C)、(D)』には、変わり、無い。

 また、『(C)』では、「精神(内心)面での傷害が、生じる」と、想える。

 よって、『(a)民事での契約不履行、(b)心的な傷害、(c)性感染』、等の事実に、伴う、責任が、問われるのかと、想える。

 なお、本件の事例からも、解る、通り、『(A)』の段階における、『(Ⅰ)民事が、原因で、生じる、刑事』が、『(Ⅱ)多々に、生じて、いる』のが、現状で、「(Ⅲ)民事での抑止力が、刑事の抑止にも、繋がる、事は、だいぶ前から、判って、いた」が、故に、裁判員制度(を、経て、国民の個々が、民事の観点で、予防を、行う、免疫の効果、及び、自浄の効果、自衛、並びに、自治性の責任を、自覚させる)の導入を、推奨、推進を、行って、いる。

>補足
 「裁判員制度の導入後に、判った」のは、『裁判の制度における、不経済性の実態』で、『(ア)資本での換算』で、『(イ)裁判の制度に、伴う、全費用』と、『(ウ)国民が、個々の単位で、被った、全事件での被害額』を、想えば、『(エ)本邦の裁判所制度が、明らかに、被害の総額を、上回る、利益を、生じさせた、事が、無い』のも、特徴と、解る。

 例えば、『(ⅰ)公害』、『(ⅱ)事件』の被害だけでも、『未決な限り、被害が、継続』され、それ、相応の被害も、続いて、いる。

 最悪なのは、『三権分離』と、義務教育で、国民に、洗脳を、行いながらも、その実態が、無く、「①裁判官を、介する形式で、政治的な利用が、生じるのも、本邦だと、極普通な状態」(つまり、極普通に、違憲、違法が、常の状態)で、「②それの打破を、試みる、心境に、陥らせつつも、Terrorism へと、誘導を、行う、工作(「一般的には、圧力によって、生じる、事が、判って、いる」が、その行為が、違憲にも、該当)も、生じて、いる、事が、判って、いる」との状況下で、「③先進国の一般人が、過剰に、政府の機関、及び、公務員への信頼感を、抱く、理由が、無いのも、現状に人類だと、普通」で、「④最悪なのは、どこの国でも、公務員は、隷従化され、代表者の擁護を、行う」のが、基本の形式と、成るが、「⑤それが、政府に、限らず、小集団でも、同じ」で、「⑥本邦だと、やくざ社会でも、見受けられる、程の状態」と、成って、いる。

 つまり、①〜⑥の形式(公式)が、同じで、「権力者が、力を、どのように、割り振り、富の分配を、行うのか」で、成り立つ、社会性が、多い。

 留意点は、「共産、共和では、平等性が、論理に、有るが、『人、及び、人間には、無理』(つまり、『実行、及び、保持』が、不可能)と、仏教でも、解明されて、いる」が、それこそ、『戒め』と、想われる、象徴に、『人民解放軍』(中共国の人民を、開放するには、coup d'État の外に、無い、事の象徴:中共国の人類史は、近代の文明でも、かなり、古い)も、有る。

 よって、『(1)現行の憲法における、欠点』、及び、『(2)不条理の正当化』、『(3)他者との関係』、等の都合で、社会性が、形成されるが、その基礎は、『(4)国家、犯罪者の集団でも、然程に、代わり、無い』との事も、解る。

 なお、『好い、事』と、『悪い、事』で、「どちらも、行えるのならば、どちらを、選ぶのか」は、人の『本能』(衝動)、又は、『理性』(論理が、基礎と、成る、倫理性、及び、自己の正当性を、他者へと、理解を、行わせる、能力、、、が、同胞化、及び、統治、自治に、繋がる)で、制御される、事も、重要視される、

 ・・・なんて、解っちゃいるけど、止められない、人も、生じるのが、人類の特徴。

語句
・coup d'État
 ・Wikipedia

ページ移動