記事一覧

休日を、理由に、弁護人選任の手続きを、行わず - 滋賀県 警察 草津署

国家公安委員会規則の違反

 留置管理課員が、休日を、理由に、手続きを、三日間も、怠った。

記事
3日間国選弁護手続き怠る 滋賀県警、逮捕の容疑者に
 ・産経新聞社
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年11月28日 12時30分

関する、法規

参考
・被留置者の留置に関する規則
 ・電子的政府
  ・公布日
   ・平成19(皇紀 2667;2007)年05月25日

第十五条(被留置者の申出に対する措置)
 留置担当官は、被留置者からその処遇又は弁護人の選任等につき申出があったときは、直ちに留置主任官に報告し、必要な措置が執られるようにしなければならない。

僕の見解

 「他の警察署でも、同等の扱いが、行われて、いた、可能性」が、懸念される。

 また、「土日の対応に、理解が、不足」との事から、『以前から、常習的に、行って、いた』との事も、解る。

 更に、この事件では、「本件の被告が、逮捕された、理由とは、別事件の扱いに、成る」のが、普通と、想えるが、場合によって、「裁判官が、暗黙で、逮捕原因事件との相殺を、図る、危険性も、有った」と、想える。

ページ移動