記事一覧

死刑囚が、病死 - 法務省 東京 拘置所

死因は、慢性腎不全

 死刑囚が、治療を、拒んで、いた、関係で、病状が、悪化。

記事
野崎浩死刑囚が病死 交際相手の比2女性殺害
 ・産経新聞社
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年12月13日 13時03分

僕の見解

 殺人の事件、等では、「被害者よりも、加害者の方が、有利」と、想える。

 例えば、『(A)死刑』、『(B)懲役刑(更生の施設を、兼ねる)』が、生じても、その費用は、税金で、賄われる。

 (A)では、『(a)刑の執行』、『(b)外の理由で、死亡』まで、健康面(衣食住に、限らず、医療、等を、含む)を、国費(税金)で、生活の保障が、行われる。

 (B)でも、同等に、逮捕後の扱いは、『(b)』、『(c)刑の執行中』(懲役刑、等)ならば、生活が、保障されて、いる。

 僕は、国家(裁判所、法務省、等)へ、「一般人の安全性は、拘置所、刑務所よりも、危険性が、高い」と、指摘を、行った、事が、有って、『災害の発生時には、刑務所(には、『食堂、風呂、便所』の施設が、有る)を、避難場所に、行う、事』、等の提案も、行って、いる。

参考
 ・国 災害発生時、刑務所を避難所にする事 - 日誌/進捗/平成30年度/111

 また、『在日外国人』は、母国側の経済的事情から、「本邦で、『(Ⅰ)犯罪を、働き』、『(Ⅱ)逮捕されて、刑罰を、受ける、事』が、生じても、日本国に、留まった、方が、有益な場合が、有る」(母国側との文化水準が、違い、過ぎる、為に、生じる、不経済な事情)も、生じて、いるのが、現状。

 故に、僕は、『国家が、加害者の母国へ、損害賠償請求を、行う、事』、等を、求めて、いる。

参考
 ・国 外国人の被生活保護者と、相手の母国へ賠償を請求する事 - 日誌/進捗/平成25年度/237 など

ページ移動