記事一覧

国勢調査で、難問 - 総務省 統計局

答える、事が、不可能

 設問が、難問で、返答を、行う、事が、不可能。 

記事
国勢調査、なぜ「未来のこと」尋ねる設問が… 矛盾感じて「手が止まった」回答者が困惑 原因はネット調査導入か
 ・京都新聞社
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年09月19日 10時00分

語句
・国勢調査
 ・Wikipedia

僕の見解

 「(あ)不適当に、回答を、行う、事を、避ける、為に、(い)設問の中に、難問を、入れて、いる」との可能性も、想える。

 その他に、、、。

参考
・総務省 統計局
 ・公式 Web Site

補足 適正の検査(試験、等)

 人格の適正で、「答える、事が、『(A)不可能』(答えると、『誤り』の扱いに、成る:選択肢では、『その他』が、用いられるのが、普通:『その他』の選択肢が、無い、場合には、未記入;『その他』の選択肢が、無いのに、指導員が、「必ず、どれかを、選べ」と、教唆を、行い、「隷従性の確認」に、用いる、事も、有ると、想える)、『(B)難問』の設置を、行い、人格の評価を、行う、事」は、知られて、いる。

 また、今時代(高度情報処理社会)では、『(a)正解』、『(b)不正解』、『(c)他』の概念が、有る。

 人の間では、『(あ)曖昧(不明瞭、未確定、未来)』、等を、意味する。

 情報の処理( Computer Programming :構文、等)では、「『(c)』の選択肢が、設置、されて、無い」と、『 Error 』と、成り、処理の『中断、停止』から、『 Freeze 』 が、生じる、原因に、成るが、「人でも、生じる、事」を、理解されたい。

語句
・Computer Programming
 ・Wikipedia

人に、生じる、『 Freeze 』現象

 「 Panic で、動け、ない」(主に、筋肉の硬直、等:筋強直:Myotonic 的)とは、異なり、「 接遇(接客)、等で、相手に、応じる、事が、行えず、挙動が、止まる、状態」で、「無理に、動こうと、する、事で、生じる、『慌て、ふためく』、『うろたえる』、等(つまり、「対応を、行い、たい」が、何を、行えば、好いのか、不明:動けるが、行動の目的が、定まらない、又、目的を、探す、動き;近年の AI 系の玩具も、類似の挙動を、行う)も、生じる、事が、有る」ので、自分の性格を、理解、及び、訓練で、改める、必要が、有る。

 訓練では、「基本的に、条件の反射で、動く」(運動性の行動:条件反射行動*1)で、回避の能力を、得る。

 その公式は、何事でも、通じる、事に、該当するので、理解が、重要。

 つまり、「接遇で、予めに、(c)の条件ならば、次の応対を、行う」との定義(教育、学習、本能)が、有れば、『 Freeze 』の回避が、可能で、「これは、危機管理上でも、重要視されて、いる」ので、能力の習得が、一般で、求められて、いる。

 故に、僕が、接遇の能力が、無い、多くの公務員に、「『(c)』の処理が、不可能」(能力の欠如)と、判断を、行う、事が、有って、『応急の処置』(教育、指導:接遇の能力が、無い、事への注意、警告を、兼ねる)で、『(い)第三の選択肢』を、理解させる、事も、有る。

 (い)を、理解すると、代替の『応対』(挙動)が、可能と、成り、『 Freeze 』から、行動へと、移れるように、成る。

語句
・Error
 ・Wikipedia

・Freeze
 ・Wikipedia

・Panic
 ・Wikipedia

注意、警戒 『 Myotonic Goat 』

 過度な緊張感から、『 Panic 』に、陥り、『(Ⅰ)過呼吸』、『(Ⅱ)痙攣』(けいれん)、『(Ⅲ)気絶』(きぜつ)、等を、発生させる、体質を、有する、人も、居る。

 本邦(日本国)の文化だと、一般で、『(ⅰ)臆病者、腰抜け』と、称され、西洋の文化、等では、『(ⅱ) Chicken 』、等と、称されて、軽蔑されるが、それに、伴い、自発、等で、訓練を、行えば、「一般で、生じる、軽度の『 Panic 』から、免れる、能力を、得る、人の『社会』性」にも、関心を、抱く、必要が、有る。

 事例では、「防衛庁 自衛隊の隊員が、『 銃声、爆音、死への恐怖心 』で、挙動が、止まる、状態の回避を、目的に、訓練で、爆音、銃声、危機的な状態を、想定、心身を、鍛える」が、有る。

参考
【動画】ヤギがブランコで「気絶」、原因は遺伝
 ・National Geographic
  ・平成29(皇紀 2677;2017)年02月23日

語句
・Chicken
 ・Wikipedia

結語

 なぜ、「国勢調査の難問から、『第三の選択』、『 Freeze 』、『 Myotonic Goat 』の理解迄も、必要と、成る」のか。

 『(ア)日本国 憲法 前文 第二段落目』、『(イ)国民の自治、自衛』を、学ぶ、機会に、成って、いると、想える。

 記事の質問は、「指定の期間(未来)に、仕事を、行ったか」の項目が、挙げられて、いる。

 引き篭もり、等の観点を、含めて、「国家は、何を、調べる、つもりなのか」と、『不安感を、煽られ、Freeze の状態』に、陥る、己(民の個々)の性格が、問題視される。

>※

 記事の画像だと、「『その他』の選択肢が、有る、事」も、解る。

 ところが、「 NEET 系の引き篭もりが、その項目を、見る」と、どのような反応を、示すのか。

 本邦は、憲法 第二十七条で、全ての『国民』に、勤労の義務が、課せられて、いる。

 よって、「『 NEET 系の引き篭もり』の未来における、選択肢が、追求されて、いる」とも、想える。

 なお、『 NEET 系の引き篭もり』で、「あっさり、『その他』を、選ぶ」と、言う、性格の奴(ある意味で、精神病質性が、高い)程、世間から、「君は、長生き、するよ」と、嫌味で、言われる、風習は、「今も、昔も、変わって、然程に、無い」とも、想える。

語句
・NEET( Not in Education, Employment or Training )
 ・Wikipedia

関する、法規

日本国 憲法(電子的政府
昭和二十一年 憲法

前文 第二段落目

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

第二十七条
 すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。

 二項
 賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める。

 三項
 児童は、これを酷使してはならない。

*1:つまり、「条件が、有って、反射の行動が、行える」が、『条件が、無い』ので、「反射の行動も、行え、無い」のだから、『条件の定義』を、行う、事で、補う。

ページ移動