記事一覧

母犬が捨て子を保護!

Yahoo!Blogs からの移行。

投稿日 平成20(皇紀 2668;2008)年08月30日 (土) 午前 2:07

$FILE1_c

捨てる神あれば、拾う神あり

 近年の日本国における事情では、犬を捨てると言う
ことは、比較的に少ないようですが、その他のPetを
安易に捨ててしまう(当の飼い主は、自然に返すと、
誤信している人も居る)のが現状である。

捨て犬・・・

 生後間も無い犬でなく、人の子供が母犬に保護を
されたのである!・・・Σ(・ω・ノ)ノ っえ!

参考
 ・CNN.co.jp

どう言う出来事なの!!!

 Argentine(あるぜんちん)のla Plata(らぷらた)
と言う市郊外で、子育て中の子犬を抱えて居た母犬が
赤ちゃんおも、抱いていた。

 その理由は、外気が2℃にもなる寒い夜中にて、
『捨て子』が発生した。

 それを母犬が保護をしたと言うのである!!!

・・・。゜+.(o´・ω・`o)+.゜。感動したぁ~♪

 その第一発見者は、「赤ちゃんの泣き声がする」と
言う事で警察に連絡をした後に、赤ちゃんが母犬に
他の子犬と一緒に保護されていた事を確認した。

 赤ちゃん(人の・・・w)が捨てられたとされる
場所から50mも離れており、赤ちゃんにも少々の
すり傷が有ったが、健康に別条が無いとのこと。

でも犬が どうして? (・~ω~・ ?

 その母犬が、人に飼われている犬なのか、野良か
記事が記載されている時点だと不明だとのこと。

 私の推測だと、人に飼われていた経験が有るとも
想われ、更に『赤ちゃん』と過ごした事なども有る
のかと想われる。

 しかし人間よりも、立派である!

 又、♀(人で言うなら女性)の母性は、生物等を
問わずして、とても寛大であると思った。

(∇〃) .。o(しかし、『かまきり』等の昆虫のように雄を食い物にする奴も居るからなぁ~♪)

その『赤ちゃん』の将来は?

 拾われた赤ちゃんと、他の子犬、そして母犬との
後の人生や犬生において、普通以上に幸福であって
欲しいと願う・・・(-ω☆)きらぁ~ん♪

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ