記事一覧

PET Bottle 等での『収れん火災』を、警戒

各地で、生じて、いる。

 水の入った、PET Bottle 等が、太陽光を、集め、出火に、至る、事例が、生じて、いる。

記事
ペットボトルの水がレンズに!? 「収れん火災」要注意、福岡市でぼや
 ・西日本新聞社
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年08月05日 06時04分

参考
消防防災博物館(一般財団法人 消防防災科学 Center )
 ・> 消防防災関係者向け > 消防専門知識の提供 > ペットボトルの「収れん」による火災事例について

語句
・収れん火災
 ・Wikipedia

・PET bottle
 ・Wikipedia

僕の見解

 水入りの PET Bottle 設置は、動物の『(A)排尿、(B)脱糞、(C)侵入』、等を、避ける、目的で、設置されて、いる、場所が、多く、有る。

 他に、透明の瓶、等でも、生じる、事が、有り、「太陽光を、集め、熱を、発する、環境を、作る、事が、無いように、心掛ける」との事が、求められて、いる。

 なお、『(a)電柱の有る、場所』、等が、『(b)ごみ置き』で、『(c)犬の排尿を、避ける、目的で、水入りの PET Bottle を、設置』、『(d)黒い、ごみ袋、等に、着火』と、成るような、状況が、生じない、環境を、保持するのも、民の努めに、該当すると、想える。