記事一覧

光線銃( Beam Rifle、等)の競技

実弾が、不要

 代わりに、光線を、用いる。

記事
ライフル射撃の秘密兵器「新ビームピストル」実戦投入
 ・産経新聞社
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年09月07日 10時00分

語句
・光線銃
 ・Wikipedia

・Beam Rifle
 ・Wikipedia

僕の見解

 光線銃も、『(A)実弾と、同等に、危険』(入手、等が、安易な観点で、想えば、実弾よりも、危険)と、判断。

 僕の現状における、観点では、『(B)競技の存在を、知らせるには、今時代の状況だと、不適当』にも、想える。

 また、『仮想的現実内の競技』( e-Sport )で、留める、事』が、今時代の観点と、想える。

 更に、今時代だと、「(C)人工的知能(&ruby( A I ){Artificial Intelligence};)による、射撃の精度を、人が、超える、事が、無い」と、指摘されて、いる、程で、故に、戦場も、時代と、伴に、進化するに、至って、いる。

 つまりは、「石、棒も、武器に、成るが、原始的だ」と、言う、観点と、同等に、「実弾を、用いる、争いは、時代(文化)の観点で、想えば、『原始的な戦い方』だ」と、評価される、時代を、迎えて、いる。

 他に、『射撃の技能を、高める、理由』(何の為に、射撃の技能を、高める、必要性が、有るのか)が、問題視される。 

 よって、「競技の種目に、射撃が、有る、事の自体が、時代に、遅れて、いる」と、想える。

 なお、既に、『光線の威力』( Laser Pointer :の程度)で、航空機、等の操縦席が、等が、狙われた、事件が、有る。

(a)
 『銃の形式では、的中率が、高まる、事』から、危険性が、増す。

(b)
 市販の空気銃、等の改造(光線に、変える、事)が、可能。

語句
・e-Sports
 ・Wikipedia

・Laser Pointer
 ・Wikipedia