記事一覧

香港 立法会 選挙が、延期で、抗議 - 中華人民共和国 香港

行政長官は、選挙を、1年の延期

 約300人が、逮捕。

記事
香港、立法会選延期への抗議デモ 国安法違反などで約300人逮捕
 ・AFP BB NEWS
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年09月07日 02時15分

参考
・2021年香港立法会選挙
 ・Wikipedia

僕の見解

 「現状の香港では、事が、生じる、都度に、大量の逮捕者が、生じて、いる」が、経済性の観点から、異常に、想える。

 逆に、『逮捕されても、平気な人達の人格』(精神病質性)も、問題視される。

 つまり、「どのような人(達)ならば、逮捕されても、平気なのか」が、問われる。

 現状の中華人民共和国では、『(A)犯罪歴、(B)逮捕歴』が、有れば、当然に、『(a)就職、(b)結婚』にも、悪い、影響と、成る。

 「香港が、住み、難い、ならば、海外へ、移住」と、言う、発想も、有る。

 一般人は、就労(雇用、自営業)の関係で、「抗議の活動に、参加を、行えば、政府の監視、等が、強まり、職を、失う、可能性も、生じる」と、想える。

 ところが、「初めから、職が、無い、状態ならば、どうか」と、考えると、意外な実態が、解る。

 「逮捕されても、刑務所で、食事、等の生活が、保証されて、いる」との状況下では、故意に、逮捕される、可能性も、有る。

 又、だいぶ前から、中共国 北京、等でも、『あり族、ねずみ族』、等の問題が、生じて、いる。

 更に、現状の香港でも、雇用の問題が、生じて、いる。

 よって、「表見(報道)上では、民主主義者、等が、逮捕されて、いる、感じ、見える」が、実質的に、逮捕されて、いる、人達の『主義』(信仰、思想、等を、含む)は、民主的主義と、異なる(関係が、無い)、可能性が、有る。

 なお、「香港での紛争は、共産(実質的には、共和主義的:中華人民『共和』国)主義を、引き立てる、演出(役割)も、担って、いる」が、その工作(主に、情報の操作:報道の内容で、操作:事件例 『 Rwandan Genocide 』、等:工作で、狙われるのは、『学力が、低い』、国、地域、文化、集落、等が、犠牲に、成って、いる;本邦の軍国化時代に、民へ、行われた、似非な愛国の教育と、成る、洗脳、意識の操作、等も、同じ:オウム真理教、等では、故意に、世間からの情報を、閉鎖させて、特定の情報だけを、与えながら、意識の操作、洗脳が、行われた、等:人格の操作、及び、後天性精神病質を、発生させる、工作)性は、『世界中の報道で、現在も、極普通に、行われて、いる、事の理解』が、現代人(情報化社会で、優位な正活を、得る、為)に、必要(重要:必須)な『能力』(主に、情報の『解析、分析』の能力)と、成って、いる。

記事
香港で雇用回復の兆しが見えない深刻な背景
 ・東洋経済新報社 「財新」中国Biz&Tech
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年07月29日 06時00分

参考
北京のアリ族 ネズミ族 - Beijing Ant & Rat Tribes
 ・ VICE Japan( YouTube )

語句
・Rwandan Genocide
 ・Wikipedia
  ・メディア・プロパガンダ

・洗脳
 ・Wikipedia

・意識の操作( Mind control )
 ・Wikipedia

・オウム真理教
 ・Wikipedia

・後天性
 ・Wikipedia

・精神病質
 ・Wikipedia