記事一覧

Debian_系 HDD の整備

※ 留意
 Command 枠では、先頭の『 $ 』、『 # 』に、注目。

接続の状況を、『(甲)か、(乙)』で、調べる。

(甲) User

$ lsblk

(乙) Root

# fdisk -l

HDD の状態を、確認


 ・『 ? 』は、Drive (a、b、等)を、入力。

( Graphical )
・ユーティリティ > ディスク

 右上の Menu(三) に、『 SMART の データとセルフテスト 』(または、『 Ctrl + s 』で、開く)が、有る。

ファイル 10163-1.png

( Console )

# smartctl -a  /dev/sd? -d sat

不良な箇所を、確認

 破損の状況を、確認。


 ・『 * 』は、番号(1、5、等)を、入力。
  ・Drive (一つの HDD )全体の確認を、行う、時には、番号を、省略。

>HDD の 一部(特定の Partition のみ)

# badblocks -s -o badsectors.txt /dev/sd?*

>HDD の全体

# badblocks -s -o badsectors.txt /dev/sd?

 『 badblocks 』の実行を、行った、場所に、『 badsectors.txt 』が、作られ、(A)不良箇所が、有れば、記載され、(B)無ければ、無記入。

語句
・Partition
 ・Wikipedia

修復(継続で、利用)の作業


 不良な部分が、有っても、その修復を、行って、継続で、使用を、行う、為の作業と、成るが、「(A)物理破損的の状態では、修復が、不可能、(B)修復は、『代替の形式』(破損の部分を、別の場所で、補う)で、行われるので、破損の箇所が、修理される、訳では、無い」ので、製品の品質を、保つ、観点では、『品質の信頼性が、正常値よりも、劣る』との状況に、留意。

 また、「(a)破損するに、至った、Data(情報)の修復と、異なり、(b)Data(情報)が、格納されて、いる、場所(を、別の正常な場所へ、『代替を、行う』、為の)の修復」と、成り、「(C)破損するに、至った、『情報の修復』とは、違う」ので、注意。

(あ)

> Udev を、停止 - Debian ( Ubuntu )系

# service udev stop

> 『 Umount 』を、行う

# umount /dev/sd?*


 対象の Disk が、『 Umount 』されて、無い、等で、『 Error 』が、生じる、原因に、成る。

(い)
 修復の試み。

# e2fsck -c /dev/sd?*

補足

 HDD に、有る、『全ての情報( Data )』を、失っても、特に、問題が、無い、場合には、「 HDD の初期化( Format:Data Formatting ) で、『全体を、NUL(零)で、埋める』の選択を、行う、事」でも、修復が、可能と、想える。

 また、「(ア)前出の修復では、『 HDD に、情報( Data )が、残って、いる、状態』から、『破損( Error 判定)の箇所だけ』を、短時間で、代替を、行う、事が、可能と、成る」が、「(イ)破損するに、至った、情報の修復迄は、行え、無い」との点に、注意が、必要。

 僕の観点では、「(1)情報の救出(別の比較的に、安全な HDD に、情報の移行)を、行い、(2)破損が、生じた、HDD を、改めて、『零系初期化』を、行った、後に、再利用を、行う、事」が、適当と、想え、「(3)修復後でも、破損が、生じた、HDD を、使い、続ける、事は、『 HDD の品質が、劣化の状態で、使い、続ける、事』にも、値する」ので、重要な用途で、使うにには、不向き。