記事一覧

No.0588 人類の揺らぎ

2005-04-04
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0588
*======================*
作成 2005-02-17
課題 人類の揺らぎ

 
 地球と言う存在から人が何を学ぶのかが、問われるところ。
あらゆる人間が、物事を知りたがっている。

 人が人である以上、人と人の間、つまりは、人間としての
極めるところを、極道と言うなれば、悪党と極道とで分ける
べき点かもしれない。

 また語学に違いから発生をする多国間との認識の違いから
発生する誤認などが争いごとの基になりかねないと分析する。

 よって仏教における”無”が、どれほど重要な意味を成す
ものかを考えされる。

 美しいということ、そして力 通ずる思いに忍ぶ考えなど、
人の歴史における、面白さを極めるところでもあるのかなぁ?

 人として此の世に生まれた以上、生物としてあらゆる面で
自分を理解することが、問われる。そしてまた通ずる者への
誤解と認識、そして統一と分割の意味合と宇宙と地球の関係。

 人としていき続ける事の面白みを見つけた感じがするなぁ。

 何もかもが素晴らしく思える今、この時において人として
生きる面白みを日々極めている気がする。

 全人類に告ぐ、人として生まれた以上、それを保つために
最善を尽くすことが、使命であっての役目なのかもしれない。

 Einsteinの相対性理論。

 地球は、いつだって色っぽいが、それにおける環境からも
その連携と価値、そしてマヤカシと、種の保存てき要素など
考えれば考えるほど、他国の民族において誤解を招く恐れの
ある言葉つかいである。

 私が将来、地球をもう一つ誕生させる事ができるだろうか?
それは、遺伝と言うProgramに引き継がれるだろうか?

 物事の全てが美しく思える。

 苦境の中に面白みをみつけた。

 青白いまでの自分の顔に、面白みを見つけた記念すべき日だ。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、帰ってきた天才、秀才、HIROとその仲間♪)

<お題>
万学的、人類の揺らぎ

天才 過ちを犯すことが正規のProgramだったら?

博士 人間の揺らぎは、誕生と共に繰り返される。

秀才 対立する意識の中での競争心と、発展思考。

HIRO 共産と個人主義、社会主義と平等主義。 

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =