記事一覧

米国籍の人物を、Terrorist の容疑で、起訴 - República Bolivariana de Venezuela

違法な武器の取引の罪

 政府側(検事 総長)は、「石油精製施設と、電力施設への攻撃を、企てた」と、説明。

記事
ベネズエラ、「米国人スパイ」を起訴へ テロと武器密売の罪で
 ・Newsweek 日本版
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年09月15日(火) 17時24分

語句
・Terrorist
 ・Wikipedia

・República Bolivariana de Venezuela
 ・外務省
 ・Wikipedia

僕の見解

 だいぶ前から、国際的にも、人気な、GAME の物語における、展開、等でも、『軍人を、退役後、民間的警備会社を、設置、又は、入社(加担)後、武装的攻撃(戦闘)型の活動を、行う、事』が、指摘を、されて、いた。

 既に、「若い、世代では、先の GAME 等から、架空的な認識を、行って、いる」と、想えるが、現状だと、『(A)違法薬物取引、及び、その護衛』(密輸入、その警備)、『(B)犯罪的組織の警護』、 『(C)新興的文化(武装)集団』( Gang )、等、『(D)Carlos Ghosn を、国外へ、逃亡の事件』でも、元 米軍 特殊部隊員の関与が、確認されて、逮捕されて、いる。

 更に、近年、国内で、生じて、いる、『外国人の犯行と、想える、残忍な事件』では、その手口(殺傷の行い方、及び、攻撃の方法)から、『軍事的訓練を、受けた、者』と、想える、事件例が、生じて、いる、程。