記事一覧

No.668 鯱、海豚による、海上救難活動

配信 令和02(皇紀 2680;2020)年09月27日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.668
作成 令和02(皇紀 2680;2020)年09月27日
課題 鯱、海豚による、海上救難活動
送付 令和02(皇紀 2680;2020)年09月27日

前文

 この文面は、日本国の憲法 前文の第二段落目、及び、第十二条を、基礎とする、経世済民活動の一部で、特定の政治、宗教、思想、等、何だかの団体や、構成員の優位性とは、関係が、無く、文面の作成を、行っている。

 よって、各政治、各宗教、各思想、等の構成員が、本文と、同意的な思考で、活動、主張を、行う、事が、有っても、一切に、関係が、無く、『独自の経世済民的な観点と、成る』ので、理解を、求める。

 なお、『本文面を、各政治、各宗教、各思想の活動に、転用、流用、等を、行う、事』を、著作権の関係からも、許可する、事は、無い。

趣旨

 『鯱、海豚を、海上救難活動に、用いる、事』の検討を、求める。

 また、『海上ごみ回収』にも、期待。

結語

 「近年、鯱、海豚による、演出が、見事」(今時代ならば、YouTube、等で、確認が、可能:鴨川 シーワールド、横浜・八景島 シーパラダイス、等)で、観光客、等も、大喜びを、得て、いる。

 それらの演技を、見た、時に、「海難の事故で、活躍も、可能と、想える」が、故に、提案を、行うに、至った、次第。

留意

 本件の内容は、各省庁の最高責任者 宛と、成り、直接に、関係の無い、省庁では、「本案の周知」と、解されたく、本件の他で、良案が、生じた場合、直接に、主管の省庁(国土交通省 海上保安庁)へと、その意見を、伝えられたい。

 また、他の省庁(広報の担当)は、「類推的な検討を、行うように」と、求める。

 なお、宮内庁に、限り、『上皇、今上天皇陛下への報告文』を、兼ねる。

本文の送付先>
・国土交通省 
 ・海上保安庁
・環境省
 ・海上ごみ問題
・内閣府
 ・総理大臣官房
 ・防災担当
・総務省
 ・防災

>海洋研究開発機構の関連
・環境省
 ・外来生物の扱い、等
・文部科学省
・経済産業省

>周知
・外務省
・警察庁
・宮内庁

経世済民的な活動者
 行政に、対する、鑑査の活動より

オガワ ヒロシ

笑いの電動コケ師達(神と鬼の囁き)

万学2的、鯱、海豚による、海上救難活動

神 多生物との共存性を、深める、時代。

鬼 有害な生物との共生も、含まれて、いる、感じ。

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =