記事一覧

教皇が、Neo Liberalism を、糾弾 - Status Civitatis Vaticanae

Encyclicae

 Pāpa Franciscus は、『 Trickle Down Effect 』を、非難。
 

語句
・Pāpa(教皇)
 ・Wikipedia

・Neo Liberalism
 ・Wikipedia

・Status Civitatis Vaticanae
 ・外務省
 ・Wikipedia

・Encyclicae(回勅)
 ・Wikipedia

・Franciscus(フランシスコ)
 ・Wikipedia

・Trickle Down Effect
 ・Wikipedia

僕の見解

 『(善)紙幣、硬貨の自体が、良質』でも、『(悪)入手を、行う、課程が、悪ければ、悪貨と、同等』と、想える。

 一般の資本学(経済学とは、異なる:経済とは、『経世済民』の略語で、『 Economy 』と、等号の関係に、無い)では、「悪貨は、良貨を、駆逐する」( 一般に、『 Gresham’s Law 』と、言われて、いる)との説が、有る。

補足 本邦の文化における、『悪貨が、良貨を、駆逐する』

 本邦の文化(歴史)では、『 Gresham’s Law 』の以前から、「通過の品質が、指摘されて、いた」との説が、有る。

>貨幣論と、貨幣の品質
 「『小判、大判』は、『金』を、材料に、製造される」が、それに、『(弌)混ぜ物を、加え』て、『(弐)硬貨の品質を、劣化させた』との説が、有る。

 これは、例えば、『(A)純金の質を、八割に、落とす』と、『(B)当然に、「純金との品質」で、二割の差が、生じる』が、『(C)客観的に、見分けが、付かず、良貨と、同等に、扱う』との流れから、問題視される。

 物事の道理でも、『偽札、偽金』との観点で、「詐欺(犯行)の扱い」(不道徳:非人道的行い)と、扱われるが、「外交の通貨における、問題も、生じて、いた、事」は、本邦(日本国)の義務的教育で、習うのかと、想われる。

>貨幣論と、落語の『時蕎麦』
 『貨幣の自体における、品質』の他でも、実は、落語の『時蕎麦』(ときそば)、等で、指摘されて、いる。

 、、、程(故)に、『(あ)現物の質』、『(い)及び、通貨の役割的な品質』が、問われて、いる。

 例えば、『資本主義』では、『(a)殺人、等の非人道的な手段で、得た、100万円』と、『(b)合憲、合法に、健全な手段で、得た、100万円』では、「(a)も、(b)も、同価値」と、成る。

 また、「資本が、有れば、悪事も、免れる、事が、可能」(過料、罰金、等)との観点も、古来から、生じて、いる、関係から、嫌悪感を、抱かれる、原因に、成って、いる。

 そこで、僕の経世済民学だと、『(一)刑事の責任』と、『(ニ)他に、民事で、慰謝料、等の損害賠償請求を、行う、事』を、推奨するに、至って、いる。

 つまり、「『(一)』が、社会的な責任」、「『(ニ)』で、被害者の損害を、補填する、事」で、「過剰(悪行:不条理、不合理)な資本的利益性の相殺を、試みる、事が、可能」(戦略論)と、想える。

語句
・時蕎麦 - 落語
 ・Wikipedia

現品の品質を、劣化させる、事で、生じる、利益

 例えば、「市販で、販売されて、いる、牛乳は、原乳を、薄めて、作られて、いる」と、言われて、いる。

 逆に、「原乳(生乳)の味は、大衆に、あまり、好まれ、ない」とも、言われて、いる。

 つまり、『悪行と、別で、健全な理由から、品質を、下げる、事』で、生じる、利益も、有る。

語句
・生乳
 ・Wikipedia

仮想の通貨 - 株式、等でも、生じる

 硬貨には、それ自体に、相応の価値が、有る。

 では、紙幣は、どうか。

※
 東洋の文化では、「通貨の持ち運び、等の利便性」、西洋だと、
「政府が、民から、財産の搾取を、図る、目的」で、紙幣が、
導入された、説が、有る。

 嘗て、Louis XIV の頃から、生じて、いた、国家の財政難を、立て直す、目的で、「民から、財産の回収を、図る、為に、紙幣が、発行された」との説が、有る。

 本邦の文化(歴史)でも、「嘗て、紙幣が、日本銀行で、換金(現金との観点と、異なり、『金貨』と、交換)されて、いた」(故に、日本銀行券)が、後に、制度の廃止と、成った。

 近代に、至っても、『紙幣で、人を、誤魔化せる、事が、可能』ならば、「『仮想の通貨』( Bitcoin、等 )でも、人を、騙せる」との発想が、生じて、いる。

 「類似の観点は、株式、等でも、生じて、いる」が、先進国では、『投資』の観点から、商業の行為と、認めて、いる。

語句
・紙幣
 ・Wikipedia

・Louis XV
 ・Wikipedia

・日本銀行券
 ・Wikipedia

・Bitcoin
 ・Wikipedia

結語

 「人(人類)は、歴史から、何を、学ぶのか」と、言う、課題は、色々と、有る。

 その外に、「人工的知能(&ruby( A I ){Artificial Intelligence};)が、人類の歴史から、何を、学ぶのか」も、問われて、いる。

 「非人道的な利益を、無効化を、図る、努力は、経済性に、必須と、成る」が、その観点は、何事でも、同じ。

 例えば、『原石と、その加工』、電算機でも、『Programming Language の開発、Command 等の組み合わせ、等、Programm の開発』、及び、『無償の提供、有償の提供』、等が、有る。

 皮肉な事に、「芸術品は、作成者の死で、価値が、急激に、上がる」と迄、言われて、いる、程で、「人の『性』(さが)に、不思議な習性が、有る」のも、事実、それを、宗教、思想、等で、制御を、試みて、いるのが、現代の人類における、事情。

語句
・Programming language
 ・Wikipedia