記事一覧

No.0579 価値と志

2005-02-10
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0579
*======================*
作成 2004-12-20
課題 価値と志

 私事ですが、うっかりしていましたぁ。
労働基準法という法律の存在は、雇用主と
雇用関係にある労働者と雇用契約における
基準となるものであって、それ以上、それ
以下でも好ましくないとされている。

 例えば、Service残業をした場合には、
それを企業が黙認し、更に労働者側でも、
無賃における労働だと把握している場合、
それでも、”労働を行った”事実がある
と言うことが考慮され、Service残業分の
賃金を支払わなければならない。また、
Service強いられた場合には、当然に請求
可能となる。

 ところで企業において、Service残業を
しつつ黙認し、それを企業への貢献度と
評価している場合には、不当関係が生まれ、
それによる絆は、不義の絆となる。

 むしろ、働きすぎとなる人材に対して、
助手を付けて、業務頬後に当たらせるのが、
妥当であり、多くの人と仕事を分かち合う
基本的な概念となる。

 勝ち組と自称している輩として見ては、
負け組みが増えれば革命によって自分達の
存続その物が危うくなる事を予期できない。

 先日に、話題として戦場でのGAMEですが、
そもそも、そんなGAMEに参加をしなければ、
差ほど、不快感を感じ事が無い。つまり、
観客側になって、物事を考えればいいのだ。

 Playに参加する人を客観的に見て楽しむ、
その行為は、Sports観戦や舞台、Dramaなど
自分以外の全ての物に適用される。

 Playには、勝敗が伴うとされていますが、
下手な勝ち方、旨い負け方があと言うことは、
人生10年以上生きていれば、大抵小学生の
中学年でも理解している、損得勘定である。

 σ(^・ω・^) ボクの場合、公園に居ると子供が
平然と集まってくる。通常ですと、学校等の
教育において、知らない危ないおじさん等の
周囲によらず、また声を掛けられても無視を
するように、言われているはずですが・・・。

 そして、現代小学生達にInterviewをすると、
現代人らしい、色々な返事が返ってくるのだ。

 むしろ、その子供の親よりも、子供の方が
純粋な分、平然と自分でm理解していないとも
思われる返事を返してくるのだ。笑

 そうした人間関係や絆を、どの様に保つかが
人としての気質として問われることになります。

 そこで話が基に戻りますが、私腹を肥やして
他人や自分に従わない人を、負け組みと称する
人も居れば、人材を拾ってきて育てようとする
気質もあります。

 子供の為、家庭の為だと称して仕事にでは、
愛人を囲う、女性も多く居るのをご存知ですか。

 もてる女性は、旦那も居て愛人もいる。また、
それは、男性も同じ。それが俗に言うところの、
文化的な負け組みと、勝ち組となる。

 何を偉そうにと思う人も居るかも知れないが、
ここで話題となっている問題や評価等に付いて、
自らが体験し、また関わりを持ってでの意見で、
”〜すべきだ”等と言う、理想諭や空想にての
話題偏った意見でもない。

 教育のContentsをもっているとするならば、
それがどんな素材であっても、それを基にして
教育を受けた人材が、人生の開花へと繋げると
言うItemになるのであれば、それ取組むべくは、
志にあるかとも思われる。

 素材の豪勢でわ無く、素材が受講者に与える
知識や技術の影響力などが、問われる考える。

 どこぞの法学部の通信教育でわないが、退学の
居ることを前提として事業運営を賄っていたり、
交通違反における罰金徴収見込み額等があったり、
貨幣的利益での価値観を基にした不義な利益は、
数多くある。

 そもそも、皆さんがお財布の中にはいっている
紙幣には、何割かの確率で、覚せい剤の売買や、
売春、その他の悪徳的経済利益からの巡回された
紙幣が確実に混ざっているのです。

 もう少しはっきり言いますと、不義なる経済的
利益としての換算で毎年の決算の三割以上にだと、
指摘している金融Think Tankがあるほどです。

 不義の経済に付いても過去に調べましたがぁ、
やはり、そうした社会運用の人的な絆と言うのは、
正当なる(正義の意味合と異なる)人間関係より、
硬いものである。

 現に昔から暴力団社会が衰退しない理由なども、
そこに根源があるのかもしれない。

 今の自分にできる事に、精一杯挑戦してみると
言うことが、更なる成長へと繋がると考えている。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、帰ってきた天才、秀才、HIROとその仲間♪)

<お題>
万学的、価値と志

天才 何に対して価値を感じるかは、人それぞれだ。

博士 研究、追及への価値観は、尊いものである。

秀才 自分自身に価値を感じない者は、愚かである。

HIRO 貨幣だけが物の価値を表す単位だと思わない。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =