記事一覧

非正規社員における、待遇 - 日本郵便 - 最高 裁判所 - 判決

正社員との手当や休暇の格差

 『不合理』と、判断。

記事
日本郵便格差訴訟 労働実態を重視も…難しい画一的判断
 ・産経新聞社
  ・令和02(皇紀 2680;2020)年10月15日 20時10分

僕の見解

 「裁判所が、『仕事の質、及び、量、等』が、基準と、成って、判断を、行った」と、想える。

 つまり、「正社員と、同等の仕事ならば、当然に、給料も、同等に、扱う、理由は、生じて、いる」との観点と、成る。

 また、「労働者が、不利な労働の契約で、雇用される、事を、避ける」との観点も、有るのかと、想われる。

 更に、民法の観点から、『契約の自由』(『(甲)雇用主』、『(乙)雇用者』の片方に、有利、不利な契約が、生じても、『(丙)契約を、行った』ならば、法の観点から、有効)の判断も、有る。

※ 補足 ※
 『契約書の存在、及び、署名の捺印、記名の押印』は、本邦の他、あらゆる文化でも、問題視されて、いる。

 特に、「本邦の『文化』(歴史)では、『(A)売春における、人身の売買』、『(B)借金』、『(C)決意、同士の誓い』等で、『(A')起請、(B')証文、(C')血判状』、等が、現在でも、落語、等を、介する、形式で、語り、継がれて、いる、、、程。

>落語の例
・三枚起請
 ・Wikipedia

語句
・起請
 ・Wikipedia

・証文
 ・Wikipedia

・血判状
 ・Wikipedia

※ --- ※

 その本邦における、文化感から、「本邦の民は、時に、不公平な(契約者の当人に、明確な不利益が、生じる、事が、解る:不合理な)契約、取引と、解っても、何だかの心境から、それに、応じる、心境に、陥る、事が、有る」のが、歴史からも、解り、「故に、救済が、必要と、成る、事」も、解る。

 ・・・が、、、「(弌)その救済心(人の善意)も、過剰と、成れば、倫理(自治)性の低下に、至る(繋がる)、事例も、有って、(弐)難民、等の救済で、生じて、いる」のが、現状。