記事一覧

No.0576 灰色よりも、桃色が好きなんです。

2005-02-07
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0576
*======================*
作成 2004-12-08
課題 灰色よりも、桃色が好きなんです。

 どうも性格上、物事が旨く進んでくれないと、
不機嫌になってしまう傾向にある。それを克服
する為には、不機嫌になる要素を造らないこと。
つまりは、物事を旨く進められるように、危機
管理等を含めて万全な策で挑む必要があるのだ。

 しかも、そう心がけることで、仕事の向上や
私生活の向上などへと繋がるので、更に良い。

 と言うことで、仕事などを含めて、あらゆる
行動内容について色々と検討し、簡略しつつも
別の行動を増やす時間が造れるようにしたい。

 「忙しくて時間が無い」と言う言葉などは、
『仕事の要領が悪く、それらを改善すべき能力
 なども私には、ありません』と言っているに
等しいと私的には、判断してしまう。

 貧しい生活を向上させたいと言う、積極的な
考えから、昭和の経済的好景気が誕生したとも
思われますが、平成の好景気を迎えるとすると
何が必要になるのでしょうか?

 人畜を飼いならす為の『三種の神器』として
”衣食住”がありますが、それ以外にも”性欲、
美欲”などと言うものあり、そして”知的なる
欲求”が加わりまして、人類としての新たなる
欲求が人間文化と社会の発展に伴って加わった。

 そう考えると、”知、美、未来への希望”が、
私生活向上への、”平成一般国民の三種の神器”
となりそうです。

 それらを踏まえて仕事、生活、遊び、全てを
楽しむ、時にわ苦しむ自分を客観的に見る事で
それを又、逆光的に楽しむ。

 梵語は、極楽への尊い教えを説いたものだと
されていますが、むしろ簡略されすぎた言葉を
解読するのに手間がかかり、生涯を無駄にして
すまう。仏教の極意でもある”欲”への罠が、
ここにもしっかり、あるわけである。

 そして基督教では、”寡黙に息よ”とされる
分野と、”自分本意に息よ”と言う、明暗での
二種がある。寡黙とされる分野は、仏教いうと
荒行などの己の心身的理解を求める分野だとも
考えられますが、自分本意との言う分野では、
『神は、罪を認め許します。その最大な理由は、
人間を作った神も責任があり、それを問うなら
神自身が、自らを罰する必要があるだろう』と
いう考え方も、あるからである。

 物事をあらゆる方向からみれば、暴力団でも
正義なる暴力団だったりするわけで、解すると
米国軍隊も、それに値するのかもしれないし、
考えたは、見方によって色々である。

 また、教育と言う分野を通して、社会的にも
貢献したい♪

 …と言える立場でわなくて…。

 世間様、不束者でわありますが、社会貢献と
言う名目で、社会の場で活躍させて下さい。
 
 と言うのが、正しい言い方なのかもしれない。

 民主主義と個人主義、共産主義と経済主義、
お互いが均等なる論議を始めたのであるならば、
平成の実りも、間近なのかもしれないなぁ。

 経済社会での冒険は、もう飽きた!

 宇宙への旅にも興味があるが、この地球も、
それに負けず劣らず、不思議が沢山あるけども、
それらを均等的に、満たして行くにわやはり、
全人類の拡散たる、知的冒険者が増えつつも、
Internet等を還して、その情報を提供するなら
日々充実し、更に長命なる欲求を持ちつつも
衰えない永遠なる知的欲求へと誘なわれるのだ。

 …万屋教団でも造るか?

。゚( ゚^∀^゚)゚。ブワッハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

 紅白の国旗より、PinkのPantiesに興味がある…
素振りをしつつ、相手の人望全てを異性として
観察しつつ、求愛へと繋げる性格をしているのが
本心でもありますがぁ〜♪

 でも、その半面で…。

 最近、”灰色の脳細胞”と言われるその真髄が
解かりかけてきたと、思い込んでいる私なのです。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、帰ってきた天才、秀才、HIROとその仲間♪)

<お題>
万学的、灰色よりも、桃色が好きなんです。

天才 灰色は、黒と白が混ざったものである。

博士 法学でも、GrayZoneと呼ばれる範囲がある。

秀才 桃色は、男女を問わずに社交的な色である。

HIRO 桃色は、大好きです♪

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =