記事一覧

No.0569 人体は、小さな宇宙か惑星か?

2005-02-01
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0569
*======================*
作成 2004-10-14
課題 人体は、小さな宇宙か惑星か?

 人体は、小さな宇宙であると言う学者は、多い。
確かに人体における水分の比率と地球上の海面が
同じだとされる。更に、胎児における母体内での
羊水が海水と似た水溶液である等と色々ば分野で
人体と共通している部分がある。

 人間の目玉は、波長を受信していると言う事を
理解している人は、かなり少ない。それ以外にも
人体において、あらゆる化学現象があるのですが、
それらを自分に人体ながら、理解していると言う
ひとは、医者意外だと殆ど居ないに等しい。

 他人が見えても、自分自身が見えていないのだ。

 これは、美しいという言葉にも論理的に取上げ
られている。仏教やあらゆる宗教でも、”己”や
”汝”と言う意味合で、自らの存在を客観的にと
認識できる人材こそ、自分自信を向上させるとも
言われています。

 人体が、母体の中で遺伝子結合から細胞分裂、
そして胎児の成長などの過程は、人体としての
進化の過程を、母体の中で過ごしてから人間と
してこの世に生まれてくると、科学的に解明を
されていますが、その事実が解明されるまでは、
色々な哲学者や宗教家(創造家)により様々な
憶測が信じられている。

 ちなみに現状においては、人体と宇宙にての
関係では、宇宙空間等でわ生活するのが困難で
あるという事実です。

 これらを克服して人間が宇宙でと生活空間を
広げた場合に、生命の母体である地球自体が、
どう思うのであろうか?

 母性と引力、人の魅力と引力、そして隕石の
衝突と生物の再生などを考えるだけに留まらず、
太陽系での惑星どうしの連携的な、惑星衝突や
巨大隕石の激突を回避するが如くの太陽系等の
宇宙法則。

 もし、この法則が不規則であったなら人間の
存在を維持できる事は、可能であっただろうか?

 過去の哲学者は、ここで大きな壁にぶつかる。
そう、それわ恐怖であって、不安へとも繋がる。

 そこから視点を過去へと向けてしまうのが、
人間の論理的な特徴のようです。

 人間は、自由を求めている様で、現実的にわ
自らを安定した法則の如く、一定の活動などが
できる環境を求めていたりもします。それらは、
冒険心や科学への追求を放棄し生物である己の
人体を保守する為の安全なる環境の継続的維持、
それを求める欲求。

 思考の科学に物理的科学、化学に科学。

 他人を知るよりもまず自分自身を知ると言う
ことを、求めるべきでわないだろうか?

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、帰ってきた天才、秀才、HIROとその仲間♪)

<お題>
万学的、人体は、小さな宇宙か惑星か?

天才 人体の解明は、地球の一部を知ることでもある。

博士 地球上でも、未だに未解明なことが多くある。

秀才 科学の進歩と文化の進歩、そして未来への展望。

HIRO 疑問を抱き追求、知的なる欲求を満たせるか?

 
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =