記事一覧

No.0555 純粋なる”正”と、”負”から誕生する”正”

2004-11-18
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0555
*======================*
作成 吉日
課題 純粋なる”正”と、”負”から誕生する”正”

 さて今日は、いきなりに難しい話題となります。
『純粋なる”+(正)”は、正しいか?』と言う問い。
これは、俗に言われるPlus思考や”正の数”が、
そのまま、人間社会を表現する際に適切に使用されて
いるかと言う、言葉使いの問題です。

 起承転結の、起承、までが5行ですみました。笑
これからが長いんです、、、爆笑

 いきなりここで、話題をひっくりかさなければ
ならないのですが、、、( ̄・ω・ ̄ ;) コマッタ!苦笑

 万学では、”不義と正義”と言う言葉について、
何度か課題として取り上げていますが、人間社会に
とって、本当に必要とされるのは、Minusと
Minusを掛け合わせたPlusだと言いたい。

 つまり、不義なる世界において、その不義同士が
”かけたり、わったり”することで生まれるのが、
社会的に求められている正義でわないだろうか?

 純粋なる正義の存在は、人間社会にとっては、
排他意識を過剰に高めてしまい、挙句の果てにわ
宗教対立などが平然と誕生してしまうことにより、
不義なる社会関係が誕生してしまうのだ。

 逆に、不義なる状態から生まれた正義となると、
不義なる要素を持ち合わせつつ、それらを理解し、
聖なる力として、稼動する状態をいみしていると
解釈できる。

 こうした不義なる状況が、周囲に頻繁に発生を
していると、時に”本当の正義”が生まれるのだ。
例えば、”社内の不正を告発する行為”などは、
それに値すると言える。しかも、私達の戦後にて
生まれた世代では、TVやDrama、物語等で
”擦り込み(←言葉の意味は、辞書にて)”等が
おこなわれており、Animationなどでも
”DevilMan”、魔法使いSari(元々、
Sariちゃんは、人間界に降りてきて悪戯等を
して、お父さんに怒られています 第1話かな?)、
仮面Rider、”ゴジラ”なども含まれます。

 逆に、西部警察、必殺仕事人、遠山の金さん、
などは、純粋なる正義なる社会的Image等を
崩すことによって庶民に好まれている。そうそう、
”危ない刑事”って言うのも、流行したよねぇ。
それに、高校教師や、不倫物のDramaなど。

 それ以降に、社会的印象が過剰に悪くなって、
踊る大走査線、相棒、女弁護士、最後の弁護人、
BlackJackに宜しく、HEROなどが
登場してくる。
 
 あ、自己紹介が遅れました、、私、TV番組
評論家の”万屋のHIRO”と・・・。って
ちがぁ〜うよ!話題がぁ〜。笑(軌道修正)

 TV番組などからも解かるように正義と不義、
正と負なる環境から、正が性であったり、生で
あったりする。又、負なる文字が不であったり、
訃であったりするのだ。

 このような、単純なる算数の公式からでも、
現代社会の現象を説明できてしまうと言う事は、
物事を差ほど難しく考えても、混迷するばかり。

 良く言う励ましの言葉に”くよくよするな!”
と言う言葉があるが、まったくその通りである。
つまりは、気分的な問題で解決できるわけだ。

 さて『純粋なる正は、負に対して弱い』との
ことは、今更説明をしなくても、想像が付くと
思われるのですが、ごく一部の想像の付かない
人の為に(少数派の見方です)例を上げると、
”純粋なる正義なる行為が不義に犯されやすく、
汚職や組織的犯罪行為、反政府活動や暴力的な
非行行為などへと転化され易い”と言う欠点を
持ち合わせている。

 しかし”不義から生まれた正義”は、不義の
存在をある程度の理解しており、それによって
生まれた正義である以上、逆に免疫があるのだ。
この場合、免疫と言うより理解力があるとも、
いえるかもしれない。

 じゃぁ〜どうして再犯なる行為が多発するか
考えると、その内容についてわ別の枠にて。笑

 こうした時代の流れをTV番組でおってると、
色々なその時代の文化的風習がうかがわれる。

 そうした中も、異端児とされているのがぁ、
探偵物語(松田勇作主演)、男女7人夏物語、
8時だよ全員集合、おれたち ひょうきん族、
ゲバゲバ45・90、かっくらキン等がある。

 つまり、正なる物事が理想であってそれらを
追求することが、好ましく美徳とされていた
過剰な正義感によって生まれた帝国主義の後に、
多種にわたる混合的な文化の結合を社会とした
国が新たに生まれたと言うのが、日本国である。

 ちなみにAmericaに付いては、一方的
侵略による領土拡大の英国圏のColonyで
あって、文化的基盤が大きく異なっているのだ。

 こうした背景を、正と負で、個々での感覚で
代入しつつ物事を考えてみるならば、意外にも
多くの視野から事細かく、物事を伺えるのだ。

 正負、日本の政府は、これらをどのようにと
使い分けるかが、能力の発揮どころであるのだ。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、帰ってきた天才、秀才、HIROとその仲間♪)

<お題>
万学的、純粋なる”正”と、”負”から誕生する”正”

天才 水も、水素、酸素の純水だと体に毒らしい。

秀才 純粋なる存在なんて、有り得ないかもしれない。

阿保 ゲゲゲの鬼太郎だって、妖怪である。

HIRO 正-負=正 である

馬鹿 負-負=二負は、禁手である 

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =