記事一覧

No.0539 表現力の重要性

2004-08-12
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0539
*======================*
作成 2004-06-29
課題 表現力の重要性

 TVに写る彼女は、40過ぎているのに5年前の
外見と今日は、然程に変わっていない。

 物事には、何事も引き際というものがあるけども
その引き際を間違えると罪や社会的に歪んだ正義と
なってしまう。

 それらの現象の引き金になると指摘しているのが、
仏教で言う”欲”であり、株式のTraderでも
指摘されている。

 相手の目的が、対相手に対する好意と相反する
表現をしている可能性もある。つまり文化や言葉、
方言力の違いによって相手に誤解をされる行為だ。

 『好意が行為によって悪意となる』

 相手の好意的行動を理解する為には、表現する
側が予めに相手を理解して、それらを踏まえ心底
相手に伝えるべき方言をすべきである。

 ちなみに男女を問わず敵対心の強い相手に対し、
誤解を招く行為などは、最悪の結果を齎すことに
なってしまう。

 そこで登場するのが、”礼儀”であります。

 文化や慣習が異なるにせよ、心身篭った礼儀を
表現することで、TPOを弁えるのだ。それれが、
西洋風で言う紳士であり、女性でわ淑女である。

 紳士を慕う淑女に淑女を慕う紳士達。そうして
気品ある文化が保たれてゆくのである。しかし、
その礼儀を習得するまで、かなりの努力と辛さに
耐えなければならず、それらを含めて人としての
誇りとなる。

 淑女を求めるのであれば紳士であるべき自らを
訓練し、紳士を求めるのでれば淑女として勤める
努力が必要となるのだ。

 愛する人がどのような自分を求めているのかも
重要で、自分の人格を失ってまで相手に尽すのは、
おろかであるとも文化史的感覚では、解される。

 男女の共同による文化の向上と、それに伴って
向上する社会生活の発展などと考えるのでれば、
個人的な人間の気質がどれほどに重要かが解かる。

 対人に対するあらゆる表現力などを遊び等から
学び、実社会などで活かさなければならないのだ。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、帰ってきた天才、秀才、HIROとその仲間♪)

<お題>
万学的、表現力の重要性

天才 文化の違いにより、同じ表現方法でも意味合が
   異なってしまう場合があり誤解を招く事もある。

秀才 芸術的表現は、そこ感じる気迫と同時に感じる
   解析能力が無ければ、芸術を感じ得ないのだ。

阿保 裸で町を歩いて頂けなのに不法的なる表現だと
   指摘されたが、これと言って何も表現してない。

HIRO 表現力は、他の者への伝えるべき内容等を表す
   方法であり、その手段などが問われるのである。

馬鹿 天才的表現力でも、それが認められなければ、
   馬鹿の表現として、受け取られてしまうのだ。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =