記事一覧

No.0525 Voluanteer と勝ち組

2004-06-12
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0525
*======================*
作成 2004-04-15
課題 Voluanteer と勝ち組

 意外にもIraqで人質になった3人に対して、
日本の一般的国民の中には、『政府側などが、
支援に関する危険性を前もって伝えており、
制止までしていたのにも関わらず、それらの
警告を無視して、現地入りしたVolunteerの
活動者達は、自業自得だ。そんな奴らの為に
これ以上、税金を使って欲しくない。理由は、
山岳地などで遭難した場合でさえも、それら
経費は、遺族に請求されているからだ!』と
言う意見がある。

 確かに…。

 私達は、正義と言う言葉に対して理解力が
まったく無いと言って等しいと思われます。

 ”勝ち組”と言うからには、Volunteerも
勝たなければなりません。つまり、生命体と
しての原点は、生き残りです。

 自己防衛能力に欠けている人材が、危険な
地へと足を運べば必然的に自ら危険を背負う
ことになるのです。

 良く女性が”野性的な男性が好き”などと
言う場合がありますが、女性の本能としては、
『自己防衛力が強い=生命力のある』と言う
本能的な”種の保存的選択”によるものだと
考えられます。

 また、一般的に母性と呼ばれる保護能力は、
生命力とは、一見的に対になっている。

 法律だと『溺れている人を助ける場合には、
自らも、その危険を負っても且つ、共存的に
活動できる能力があるとの自己的な判断にて
活動して、それに対して劣る場合においては、
救助活動でさえも”自殺行為”とみなされる
場合もある。但し、肉親や親族の場合には、
その人情からも、定かにならない』などとの
解釈をされる。

 自己防衛力の無い人材によるVolunteerは、
『共依存的な性格を満たす為の偽善行為だ』
と解釈されても、しかたがないかもしれない。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、帰ってきた天才、秀才、HIROとその仲間♪)

<お題>
万学的、Voluanteerと勝ち組

天才 何を持って”勝ち”とするかは、その個人の
   価値観によって、色々ある。

秀才 個人の価値観と他人の価値観の違いによって、
   勝利とされる利益が何なのかが異なる。

アホ 勝負している気も無いのに相手が勝って気で
   いる、不思議な世の中である。

HIRO 犠牲心をもって貢献することが決して良いと
   言うわけで無く、共存的に活動すべきである。

馬鹿 試合放棄でも、負けた事になるのかな?

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =