記事一覧

No.0518 日本の国会予算会議と文化

2004-04-04
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0518
*======================*
作成 2004-03-26
課題 日本の国会予算会議と文化

 国会における予算会議にて、どうしてあんなにまで
醜い言い争いをするのかを検討してみました。

 ずばり、予算枠を多く取れると、その後での権力に
大きな効力を発揮できると言う利点があり、さらには、
権力配下における貢物まで期待ができることからも、
国会議員にとって、一番重要なお仕事になるようです。

 予算会議後に世間に報道されてるのは、その殆どが
”不祥事”であって、朗報等が公開されると言う事と
比較してみると、断然に”不祥事”の方が多いのだ。

 しかも日本国民の特徴としまして、”お上が何とか
してくれる♪”との考えを持っており、自らが動くと
言うことをしないのだ。

 民主主義の場合には、裁決の時ばかり、国民個々の
権力が主張されるわけでなく、日常における社会的な
運営についても、社会的自己責任を負うことになる。
その点からは、西洋地域でVoluateerなどが盛んで、
社会的奉仕、社会的問題への取り組み方が日本とは、
大きく異なっています。

 昭和後期からの日本の文化発展は、西洋的な背景に
おされながら進化しており、その外見的見栄えだけを
真似していることから、その後に群集心理的な影響を
与えられるかを考えてない。

 逆に、既に実在する良案の経過による影響などが、
得られる状況にあるのなら、それら問題を修正した
内容を導入すれば、良いことになる。ある意味では、
”良いとこ取り”になりますが、誰もその件では、
文句を言わないと思われます。

 足の引っ張り合いとしか思えない、国会予算会議。
どうして裁判沙汰にして争そわないのかが問われる。

 それほど国会議員に社会的な物の分別があるとは、
当然に思えないんだけどもなァ〜♪

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、帰ってきた天才、秀才、HIROとその仲間♪)

<お題>
万学的、日本の国会予算会議と文化

天才 国会予算以外で活気盛んな議員の様子を見る
   ことは、できないであろう。

秀才 臨時国会における議員の参加率は、低い。

アホ 予算会議を過ぎてしまえば議員の汚職問題の
   争いごとは、不思議と無くなる。

HIRO 国会の傍聴にいったけども、傍聴者が少ない。

馬鹿 大根役者の方が国会での演出は、巧いかも?

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =