記事一覧

No.0515 税金

2004-03-28
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0515
*======================*
作成 2004-03-17 追加 2004-03-18 
課題 税金

2004-03-17

 税務署への申告もぎりぎりで間に合いました。
申告の日に税務署へとあしを運んだのですが、
その時にとある手段が別口で申告受付をしてた。
聞いてみると”増税にともなう抗議の集団申告”
と言う事だったのですが、税務署の外で臨時に
仮設されたTensileにて受付をしていた。

 税金と言う物を考えると造成に反対等をする
場合の理由としては、どんな事が上げられるか?

 色々と考えてみたいですが本日は、お時間が
参りましたので、次回に…笑

  • --

2004-03-18

 さて前回の続きで”税金”の話の続きです。
税金は、国家運営における国家行政及び、各地方自治の
運営に使用される資金となりますが、それらが無ければ、
どうやって行政を運営するのでしょうか?

 世界の国々にわ色々な国があって、それらの様子では、
税金が所得の30%もあるような国などもあるそうです。
しかも税金における金額に、国民が合意しておりまして
むしろ国民がそれを求めたとまで言われているそうです。

 増税や高税に対し、国民が花瓶に反発しない理由には、
”福祉が充実しており、文化的水準も経済先進国よりも、
高い”と言うことが見受けられます。

 基本的に経済先進国では、成り上りが多く”決闘主義”
とも言えるような状況にあり、協調的教育に矛盾して、
排他行為は、社会的にも、学校教育的にも黙認されてる。

 税金と言う負担を補う為に、国営的に企業を運営して
その収益を税金へと転化することも、国家資金としてわ
有効的ですが、国民に対して有意ある商品やServiceを
提供できるのかと問うならば、現状の日本国家ですと、
不充分だと判断され、多くの国民が行政に不満を持って
日々の生活をしております。

 増税に反対をする人々の本心は、どのようなことか?
政治家、行政職員の汚職や越権行為、民間企業とでの
不正的な取引など、色々とありそうです。

 日本の国民は、様々な情報から、行政に関してでの
不祥事なる内容を聞いていますが、それと対になって
いるはずの”良き出来事の情報”は、流されません。

 報道機関による”不義なる正義感”が他人の悪意を
敵対的に責めるのですが、そうした報道達員自身での
私生活が、社会的且つ不法行為無く生活をしているか
問うならば、それらも又、報道内容に引けを取らない
ほどだろうと思われますが、どうでしょうか?

 治安が悪いと嘆く住民に対して『なら税金をもっと
払え!』と言いたいの我慢している行政側に対して、
行政員達は、法律の基で業務を遂行している。しかし、
その法律自身を、国民の誰一人として理解しておらず
そうした互い違いから発生する、国民と行政間とでの
争そいは、日々発生しています。

 水商売業務をServiceの基本として考えてみると、
お店で一番収益を上げている人材は、顧客への配慮が
一番行き届いている場合が殆どです。更にお客さんの
所得が増えれば、お店にも遊びに来てもらえると言う
こともあって、それにおける精神的な手助けをしてる
場合も多くあります。

 都心における大型家電量販店ですが、私の経験だと
水商売の営業方法に類似した方法を用いている場合が
多くて、売上が多い店員達は、”外見、話題、印象、
相談事、交渉”などが、どれをとってもお客さん達を
中心に考えてる場合が多く、物理的に金銭取得だけを
追っている店員は、顧客に対する評判が悪いだけでわ
なくても、社風的に店舗全体が不評であるときが多い。

 日本の行政は、国民の繁栄より資金確保が第一主義。
国家の繁栄と、国民の繁栄は、伴わないのが現実です。
そもそも、国家繁栄を考えているならば、勝ち負けと
排他行為を煽るような報道や、公的な場面での発言は、
しないはずである。

 現在の日本の総理大臣も、自らの政党的な支持より
国民支持の方が高いと言われているほどで、過去でも
国民に好かれる議員達は、その手腕を国民に認められ
多少の越権行為などは、”よきにはからえ”とされた。

 さて今日の日本国家は、どうでしょうか?

 強制的に徴収されている税金、むしろ国民が出資を
兼ねて支払っている税金。それぞれの思いで税金等を
支払っている様ですが、基本的に”国民が行政に対し
無関心過ぎる”と言うことが、国民性の最大なる欠点。

 家畜的な生活が、平和なのでしょうか?

 別に良いんですけど、私的には、狼の精神ですので
それに伴う一般人の影響は、大きいかとも思います。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、帰ってきた天才、秀才、HIROとその仲間♪)

<お題>
万学的、税金

天才 税金は、またの名を”国家資金”とも呼ばれ、
   国家を運営するための資金源にもなっている。

秀才 もともと紙幣は、金貨などの硬貨を回収して
   国家財産を備蓄する為に作られている。

アホ 増税反対!

HIRO 税金が高いと感じるのは、その価値観からか
   だとも言われており、悪評高い政治の特徴。

馬鹿 いっそ別の国で暮らせば良いのに…。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =