記事一覧

No.0501 あらゆる宗教説を覆せるか?<第2話 創造>

2004-02-14
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0501
*======================*
作成 2004-01-29
課題 あらゆる宗教説を覆せるか?<第2話 創造>

 物を作ると言う事は、誕生をいみしていることで
物を作り出せると言う事は、神にも値する行為か?

 第2話では、”創造”を課題として取上げますが、
この創造と言う文字の背景には、どう言ったものが
隠されているのでしょうか?

 見えない物が見えてくる、、、そう言う時には、
慌てずに眼科、精神科などへ行くべきなんです。笑

<創造>

 この世を作ったのは、神である・・・。

 この言葉を知らないと言う人は、今時いないとも
言う程に知られた言葉でありながらも、それ同様に
言葉の意味合に”関心や現実性”が一般には、無い。

 科学と言う分野が、宗教を侵食していることには、
危機感を感じると言う人が、意外にも多いはずです。
つまり科学にて信仰心の無意味差を得るばかりか、
社会的な地位なども失い、生活の場までもを失うと
言うことになりかねないからです。

 精神分野で”空想、妄想、瞑想”等がありました。

 ここの創造の分野は、大きく分けて二つに分類を
してみます。一つが『意識的に想像し、想像した物』
もう一つが『本能的、機械的に、想像した物』です。

 意識的に想像した物は、現代社会で言うところで
”発明”に値しますが、経済効果を伴わない発明は、
文化的にも脚光を浴びることがありません。

 人間の営みに含まれてる”人の創造”つまりは、
経済的な表現で言う「人口の生産行為」も、創造に
含まれますが、失敗している方も多い様子で…。笑

 『発想や想像が基となって創造を始めること』が、
発明による男性なら”父”、女性なら”母”として
例えられる風習からもわかるように人間の文化には、
♂♀的によって、誕生が可能になると言う意識が、
かなり強い。

 また、その生産における行為が、子孫繁栄だとも
言われてますが、本当に果たしてそうでしょうか? 

 科学の発展に伴い、人体の神秘は、宇宙の縮小と
言われるが如く謎でしたが、日々に少しづつ解明が
されているのが現状です。そうした中で、人体での
神秘には、”誕生がある”と言う過程があります。

 人を作ると言う行為ですが、これも一種の創造で
客観的には、生産となります。

 人口の生産は、日本の歴史から観察してみると、
”働き手を増やす”と言う意味合があったのですが、
子孫繁栄としつつも、大日本帝国主義の時代には、
軍人として消費する為の人口生産を強いられていた
時期もあり、今時代の日本でわ考えられないほどの
国家政策の歴史の上に私達が生活をしていることを
知らずしては、物事を語れません。

 機械や物であるならば、設計などによって作成が
可能になるのですが、動物などの生命などとなると
その誕生には、人的に着手するのが安易でないとも
されてきました。しかし科学の進歩により、遺伝子
分野からの操作が可能になった時代を迎えました。

 でわ動物の創造は、誰が行ったのかが問われます。
良く言われるのが”卵が先か、鶏が先か”と言った
言葉があります。しかし現実では、悩んでいる間に
両方とも食べてしまうのが、現代人でもあります。

 万学でも過去に”卵が先か、鶏が先か?”と言う
課題を取上げていますが、その時での結論としては、
”鶏が先”との結論に至っています。 

 ところで創造は、”神の成せる技”と言うならば、
『人間の女性は、神様?』と言う事にもなりますが、
でも女性だけでは、子供が作れません。更に男性の
協力無くしては、語れないのが人の性です。笑

 科学の進歩した現代は、動植物遺伝子を操作して
人間の都合の言い様に、生命の構造を変えつつあり、
人材的にも軍事面で、かなり有力視されているとも
闇で囁かれています。

 あらゆる神話でもそうですが、神として描かれて
いる者達の姿は、その全てが人間の形をしており、
また、”人間の目指すべき姿”としての象徴等にも
なっていますが、それらを逆手に他人を服従させる
宗教も、数多くあります。

 ところで皆さん! 今の貴方は、何が作れますか?

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、一言で笑わせろ♪)

<お題>
万学的、あらゆる宗教説を覆せるか?<第2話 創造>

 科学の名の下に宗教が覆される 
     いや、宗教と言う羅針盤が科学と言う
         現実的な追求を必然的にさせている

  つまり! お医者さんごっこは、科学的な欲求の
現れと言う事になるわけですな!( ̄^ ̄)エッヘン!

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =