記事一覧

No.0485 予測と事前の情報収集に関する限界”と結果

2003-12-22
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0485
*======================*
作成 2003-12-05
課題”予測と事前の情報収集に関する限界”と結果

 いやぁ〜要領を得るのに、事前に予めに用意した
業務方法から、実践的結果を得てから”結果による
改善要領”との差が大きいと、意外にめげてしまう。

 事前に十分に予測などを行っていたいつもりでも、
結果的には、実際の実働業務に予測的業務が適して
いたのかが問われてくる。

 事前に予測してた業務に対し、実践業務の流れで
不具合が生じてしまうと言う事は、事前の予測等に
”見落とした点がある”。それは、事前の情報力が
少なく不具合に対して事前の対処策が立てられない
現象が生じている事になる。

 危機管理に付いても同様なのですが、事前段階で
いかに危険状態を予測できるのかが、問われている。

 今回の業務の流れに関しての”事前の予測”では、
”事前に予測できたはずの業務不具合部分、または、
業務における問題点”を事前に予測できたのかが、
問われると同時に、それに関しての情報等を事前に
入手できたかがも問われてきますが情報の収集には、
限界もあります。

 業務における事前の予測、そして実践での問題を
日々において、反省(改善策を打ち出す)する事で
徐々にでも改善してゆくことが好ましいと言うのは、
重要点でもあります。

 ところで、Iraqにて発生した日本人殺害事件での
発言に対し、”卑劣な、卑怯な”等と言う台詞等を
TVなどで放送しているのですが、私的に正直言って
『戦場において卑劣や卑怯、残虐などと言う言葉は、
通用しない。戦場においては、いかに生き残るかが
問われており、生き残った物が勝者なのである』と
思っている。

 ”何かの為に死ねる”と言う『捨身の根性などが、
死を美化している』と心理上考えています。また、
”正義の名の基に、人の生命の尊重までも超越する
教育、洗脳などは、暴力を正義と美化してるもの』
だと私は、考えています。

 人として産まれ、人として死んだ後に、神や仏に
なれたと言うのであれば、それを証明できる事実を
公表されるのが好ましいが、どの宗教などにおても
書面、科学的根拠、物理的証明などを行えてない。

 しかし・・・。

 超科学と呼ばれる分野によって、科学が発展して
いる事実もあり、その超科学の論理や現象に対して
解明又は、物理的証明を得ようとする科学者たちの
活躍によって、科学分野が進化しているのも事実だ。

 原点を探り、得た情報の予測されている結果等が
何を現実的な現象として導かせるのかを、予測する
ことにより、事前に論理的な客観的結果を得られる。

 挑戦者として生きて行く為には、予測等が重要で
事前に予知できない場合、戦場などの危険地区では、
死を意味する事になる。

 又それが業務などであるならば、業務成績などで
高い成果を得ることができる予測を立てていないと
言う結果となり、それにかかる”無駄な経費”等を
算出してしまっていることになる。

 皆さんだったら、どうやって生きて行くのだろう?

Ps.
 自動車の運転などにも”予測運転”を教育上にて
指導している程に”予測”は、重要な学習でもある。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、一言で笑わせろ♪)

<お題>
万学的”予測と事前の情報収集に関する限界”と結果

 おならをしたくなる瞬間と、出す瞬間

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =