記事一覧

No.0483 戦略思考と希望、戦わずして勝利を得れるか?

2003-12-16
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0483
*======================*
作成 2003-11-21
課題 戦略思考と希望、戦わずして勝利を得れるか?

 競争社会に戦略思考無くは、語れない経済社会。
読んで時の如く”戦略”とは、戦(イクサ)の為の
略(はかりごと)です。

 生命の原点は、誕生から生きる思いを前提にして
”性(さが)”が存在しており、その心理からなる
本能のからくりによって、あらゆる生命体が地上で
進化を遂げてきたのです。

 平和を求める農耕民族に対し、その領土を広めて
狩猟の範囲を拡大しなければならない民族いたのだ。

 そして広大な土地でわあるが、領土等を持たない
季節の流れと共に遊牧する民族もいる。

 戦略の原点は、”利益”以外は、他にないのだ。

 孫子の名言となってる「男子戦わずして勝つ」の
裏側に、人類史にも名高い戦略家の経験などにより
導かれた言葉でわありますが、その真意が問われる。

 既に万学で課題となってもいますが、極める所の
結論と”人が持ち合せている優しさ”と言う感情が
理論上でわ大差が無いのですが、物理的結論として
『”経験的結果”と”理想的結果”』に分けられて
それの意味する重要性が、かなり違ってきます。

 ”論理→物理理論→実証”を、人類規模で行って
きたことには、未だかつてそれに気が付いた人物は、
多くないはずです。

 科学分野以外に生産、開発、教育などをあらゆる
分野で”論理→物理理論→実証(結果)”によって
歴史が形成されていると考えています。

 この原理から”戦略”と言う物を考えるならば、
『論理的戦略→物理的行動戦略→実証的行動(結果)』
であって”感情的争そい”とわ大きく異なっている。

 感情的戦いに付いては、『敵の抱く感情までもを
自ら有益なる戦略の一つ』としていることからも、
”感情戦”は、現代の先進国においてわ武器になる。

 又、こうした観点からも感情に左右されてしまう
人間を”動物”として、区別している宗教意識等も
あるのが現実です。

 戦略の原点が利益の追求であると言うことから、
この利益を相手と協調的に追及できるのであれば、
『戦わずして利益が得れる』と考えています。

 ところが、それを許さない狩猟民族がいます。
「競争を好み、誰よりも優位な人生を得ようとする
人物達や、必然的に競争の場を作り上げる性格の
統一者などが、戦争の無い人類史を許さない」のだ。

 …悪が居なければ正義が成立たない当為ならば、
悪を生み出す、正義が居るのだ。

 この世に、神と悪、仏と鬼が居ると言うならば、
その実力能力は、大差が無く、している事自体も
”正か負か”の違いに過ぎない。

 子供の頃、無性に喧嘩をしたいと強く思う時が
あった経験があります。そう言う時は、消極的な
雰囲気をただよわせ、”自分を感情的に怒らせる
相手が在られるのを待った”ことがあります。
(但し、小学生の高学年の時までの話です…)

 逆に『敵となる相手が現れるまでの間、相手を
どう殴るかなどの武術を、想像の中で幾度と無く
試していたりもした』事実があります。

 平和的な理論で言うならば、当時の私の存在は、
暴力的であり、現代用語で日本人が口にしている
Terrorを小学生の時から行っていたのです。

 そして今の私が確信して言える事は、『正義の
中から悪が産まれ、悪の中から正義が産まれる。
そして産まれた者にり、平和の名の基に均等策が
工作されて行く』のが、人類史上での事実です。

 希望があるならば、悪を滅ぼすのでわなくて、
悪と呼ばれる者達との共存を略とすることが、
必然的に求められます。

 仏教でわ生き残りが正義であり、Christ教は、
共存を協調しているのですが、その背景に在る
双方の現実には、何が隠されているのでしょう?

 日本の神話には、”化け物”や”怪獣”等が
でてきても、悪人を非難する内用が少ないのだ。
神を司る場合は、”悪行にも神が居る”として、
崇められていることを忘れては、ならないのだ。

 宗教を信仰する信者を語り、利己的に生きる
文化を、”原理主義者にとっては、許しがたい”
感情に囚われるが、その感情こそ先進国による
”悪を産む武器となっている”のです。

 皆さんは、心理戦に勝てる自信がありますか?

 『欲望は、他人の惨劇を覚醒させてしまう。
そして大勢の”希望”が均等化される時には、
戦わずして利益を得れることが可能になる』と
私は、考えています。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =