記事一覧

No.0465 家電量販店企業の実態

2003-10-02
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0465
*======================*
作成 2003-09-01
課題 家電量販店企業の実態

 最近の一流企業と呼ばれる分野では、
二昔前の『高飛車人事』に似た傾向が
あると感じている。

 とある商事会社で面接の際に学生が
対企業に対して挑発的な質問した所、
面接官にCupに入っていた水をかけられ
その後に一万円札を財布から出して、
『洗濯代だ!』と言って投げ渡したと
言う伝説がある。

 近年における家電品の量販店では、
私の仕事の関係上で、Bigの塚本社長や
その他、色々な各量販店の店長達との
営業的なお話をしてきました。

 しかし、顧客に対して今一なのが、
二流的な量販店で、経済的決算上では、
一流だと豪語しておきながら、実際の
社内的人事教育の面では、三流以下の
状態にある店舗の方が多い企業もある。

 私の前回迄の業務における任務が、
”量販店へ派遣される販売促進員達の
副的な勤怠管理と業務指導”などで、
もともと10代の時から販売に関する
業種をこなしていた事もあって得意の
業務だったのでした。

 がぁ〜、量販店と言っても各社あり、
各個々の企業系列での量販店へ人材を
導入している事から、量販店における
社風が一気に把握できました。更に、
”家電の営業””人材導入の営業”と
”販売促進員”などの3種を短期間で
経験したので、各分野での視野が良く
解るようになりました。

 結論としては、”お客様”に対して
どれだけのServeisが提供できるのかが
問われており、各社それにおける競争と
なっております。

 しかし、企業における店舗の中には、
業務的な作業を主体とし、お客様への
Servies的な精神に事欠く、企業もある。

 その原因は、企業の業務拡大における
人事面での管理、社則などの規制管理が
十分に行えない状況に陥っていることが、
原因の一つにあげられるのと”十二分な
人材への教育が行えていない”のが原因。

 商品に関する知識があれば、十分か?
それならば私も”十分に人材への教育が
行えていない”との表現するのですが、
今回私は、”十二分に”と言う表現にて
これを表しています。

 この”十二分に”は、基礎知識の外に
個人の接客における得意分野などを含め、
対お客様に対するServiesの技術力等を
表しており、その分が”+2”としての
表現を意味している。

 日本の風習では、Serviseに対しての
価値観が間違っており、この点で文化の
違いなども把握しなければならないが、
日本人は、語学力に乏しい人種なので、
異国の言葉をカタカナで表現しつつも、
自分の都合の言いように意味合いを変え
公式の場で公開してしまう、ずる賢い
人種でもあります。

 量販店どうしの関係においてでも、
それ同様の様子が伺える。

 浪花節企業の社風を表面だけ真似て、
お客様から大顰蹙を買っている企業等も
多くあるのですが、それにおける原因を
企業における営業本部が”客層が悪い”
として来店するお客様のせいにしている。

 私が量販店に入って、量販店の店員に
客層が悪いと言う意味合は”この店舗は、
ろくな客を呼べないか又は、お客様達を
引き付けられない店舗である”と言った
意味合いなのですが、店員曰く『我侭な
客ばかりで困る』などと言ってくる。

 接客における原点では、水商売などの
接客を見習うべきで、Serviseにおける
極めた技術が必要となる。

 浪花節企業では、お客様を心の内から
接待している。つまり『商品等を購入の
目的で来店したお客様に対して、なにも
買わずに帰す事は、大変失礼な事と言う
ことだ』と教えている。

 しかし端から見ると積極的な押売りに
近いような、強引なる商品の勧めにより、
お客が根負けし、購入しているようにも
見えてしまう。更に、他の量販店員達が
その様子を見れば”活気がある”などと
勘違いをしてしまう。

 販売店の店頭における活気という物わ
二通りあって、一つが”販売における、
商品への思い(店員側)”、もう一つが
”お客様との商品における価格の交渉”。

 でも量販店の場合には、価格を独自の
努力によって既に下げていることからも、
値段の交渉と言う事は、通常ありえない。
と言うよりは、販売してる商品に自信が
あることもあって店頭価格から値引きを
しないのが普通でした。

 しかし首都圏から首都圏周辺へとその
拠点を拡大している量販店に付いては、
企業どうしの価格競争と化してしまい、
Serviseの分野をかなり疎かにしている。

 たかが、2千円以下での値引競争では、
接客しだいで、どうにでもなると言った
体制が基本としてあるので、ある程度の
値引以外に応じない企業。それこそが、
浪花節の企業で、その裏側で従業員達の
血と汗とが滲む努力が行われています。

 上辺だしか見てない競合相手の店員達。
見よう見真似で、業務体制を整えても、
人材における教育が十分でない事もあり、
企業内での自社に対する不満が積もる。

 更にそうした心情において、接客等も
十二分に行えるわけもなく、お客様への
失礼、失敬千万、の状態になっていても、
自分達に落ち度があるとは、考えてない。

 そもそも適切な人事教育ができてれば、
それにおける努力や辛い事等があっても
乗り切れる。いや、乗り切る為の思考を
予め教育として、植え込んでいるのだ。

 …見よう見真似で、一流量販店などの
接客を真似している、成りあがり量販店。

 お客様に対して、、、

1.喧嘩を売っている2.傷物、汚れ物商品を売っている
3.店内が汚い

 更に通常量販店において、商品棚等の
掃除をあまりしていないのですが、その
理由としては、”商品の販売率が高いと
言う事もあって、商品の上に埃や塵等が
蓄積しない”と言うのが特徴なのですが、
似非量販店では、商品の陳列の際には、
伊達商品なども並べていることからも、
商品に埃が積もっている事がありますが、
量販店として、そうした状況事態なども
致命的ですが、更に掃除をしない状況で、
埃をかぶった商品をお客様に提供すると
言う状況下では、量販店としての気質が
問われてきます。

 一見して無造作に陳列がされていると
言った激安量販店もあります。それらも、
お客様への真心からの配慮があってでの
ことであって、それを基に繁栄している。

 が、それを見よう見真似で陳列しても、
商品を販売するに当たる店員や販売員の
真心が、Servise業としての基本に欠けて
いると、一度来店したお客様が二度とわ
来店することがない。

 と言う事で、、、(−ω☆)キラ〜ン♪

Ps.

 夕方のNews番組で朝鮮民主主義共和国の
美女軍団の特集をしておりました。場面が
美女、美女、美女の状態で、いきなりでの
画面Cutにおける拓殖大学重村教授の接写。

☆(*≧m≦*)・・・くくくく

 実は、重村教授の講義を何度か受けており、
更に講義に関する質問等も受けてもらった。

 でもでも美女、美女、美女、重村教授♪

ミ(* ̄m ̄)ノ彡_☆ばんばん!!笑・笑!
 ”土瓶、茶瓶、はげちゃびん”って感じ♪

C= C= C= ┌(;^・ω・^)┘ ワッセワッセ!

 私、宇宙の果てまで逃げます、、、笑

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、天才、秀才、馬鹿と『万屋のHIRO』)

万学的、家電量販店企業の実態

天才 只単に単価を安くするだけに拘る営業方法は、
   真綿で、自らの首を締めるのと同等行為だ。

秀才 貨幣論における判断では、店員、販売員達の
   お客様へのServis対話も販売価値に含まれる。

馬鹿 できる限り、安く売ることを信念において、
   人員における気の安売りまでも強いられてる。

HIRO 家電量販店の取り扱っている商品の全ては、
   他の企業の量販店と同じ商品を取扱っている。

弟子 つまり”価格への挑戦”がお客様達の魅力と
   勘違いし過ぎている点においては、致命的だ。

元女 私の様に、日頃から万人に対するServiseを
   欠かさなければ、HIRO程度の人間ならば、
   三日で躾られます。(私好みに・・・♪)

HIRO お手と言われて右手を差し出し、お変わりと
   言われて左手を差し出す。チンチンと言われ
   Pantsを脱いだら、ひっぱだかれた小川博史。

博史 悔しいので次の彼女が出来た時に、同じ事を
   彼女のして、”チンチン”と言ったときに、
   彼女が両手を差し出した隙に彼女のPauntsを
   脱がしてやった…(−ω☆)キラ〜ン♪

    しかしその後で、5Raundeを強いられた!

   愛の勝敗も微妙なところだ…(-"ω "-;)ムムッ

    っここっこ、これがぁ〜白い粉かぁ〜♪
   朝日が黄色く見えるって、こう言う事かぁ♪

       (* ̄m ̄)ノ彡_☆ばんばん!

   (-。-)y-゜゜゜経験者にしか解らないのよ♪

        ☆(*≧m≦*) ププッ
   
      ( T◆T)=3 3 ゴッホ、ゴッホ!

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =