記事一覧

No.0451 雇用問題の原点は、環境問題?

2003-07-28
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0451
*======================*
作成 2003-07-03
課題 雇用問題の原点は、環境問題?

 日本の相場市場も活気が戻っております。
しかし雇用における分野では、今期6月の
失業率が上昇しており、企業面での景気は、
期待されていても、雇用面での不安などが
依然として残っている状態のようです。

 この6月と言う時期に付いては、もともと
新入社員などが入社した後に理想と異なる
仕事内容により退社をしてしまう時期でも
あるようなので、そうした面からも比較的
失業率としては、年間的にも指数が多めに
なる時期のようです。

 でも本当に雇用枠がないのでしょうか?
完全失業率としての統計の算出方法などが
どのように出ているのか詳しく、解らない
のですが、雇用契約後に雇用保険、年金、
雇用解雇に関する書類などを、公共機関が
回収した記録にての統計から算出されると
思われます。しかし準社員、Part、Arbeit、
などでの都心における雇用枠だと以前より
増えているような感じもします。

 また雇用における情報機関も発展して、
公共機関における職業安定所の情報より、
一般民間企業における情報方が、広範囲で
且つ職種を選べ、その情報量などもかなり
多いことからも、公的機関の職業情報より
かなり優れている。

 本来就労における義務が憲法によって、
定められている点を主に考えるならば、
公立機関における国家のServisとしては、
雇用枠における分野を国民の為に確保等を
しなければならない立場にあるのですが、
これを行えていない状況下においては、
憲法で定められた国家としての機能には、
まだ欠陥があると言う事になると思える。

 国家機関は、国家を繁栄させる為にと
憲法や法律を定め、また更に地方自治体の
条例などによって住民達の安定した生活を
論理的に確保し、これにおける住民同士の
規律を守る契約によって、国家が成立って
おります。

 そうした基本的な国家構成を解するなら、
国家機関における国民の生活の場としての
提供条件(生活環境)に、いささか問題が
あると言う様に判断するのが、問題定義と
しての着眼点になるのかもしれません。

 この点から考えますと、環境を構築する
機能を持っているのが国民個人の力でなく
団体的な働きかけによって環境を保守して
いることからも、統括的立場となっている
公共機関に、その働きかけを必然に委ねる
事になる。

 公共機関は、常に”環境”を根底にして
社会問題を定義して行かねばならず、その
基準からなる環境整備によって地域住民の
生活が活性化すると考えると、その責任は、
地方自治体を始めとする公共機関としての
役割が、かなり重要なる存在となります。

 こうした視点から物事を考えてみますと、
雇用における問題も、企業が発展しやすい
環境を提供しきれてない公共機関の働きが
原因となっていると考え、その責任などを
公共に押し付けがちになってしまいます。

 公共側の言い分として民間企業の発展は、
”民間における自主的な努力に委ねられる”
と考えている節が強く、そうした点では、
双方に意見に食い違いがある。

 この公共的な意見を主に考えるならば、
民間企業からの税収にて、運営されている
公共機関の立場からして、地域自治体での
活動が低迷(不景気)になれば連動的にて
税収も低くなるので、当然に公務員などの
給料も減って当然であると考えられる。

 Servisと言う分野をどう考えるのかが、
主点になるのですが、”生産性の無い”と
言う点に主眼点を置くならば、生産性等を
主体とする産業社会において生産性の無い
Servis部門は、産業の付属分野であって、
それが無くても大方、個人で代用ができる
といったものが、殆どなはずなのです。

 地域の環境整備には、公共機関などでの
働きかけが中心となることで”住民同士の
統括的な意思”を尊重されるとしており、
それによって都市計画などによる広範囲の
環境計画には、法律などを主点にしている
公共団体に、環境作りが委ねられることが
必然低に多くなる。

 ちなみに小規模範囲では、地域の住民と
建設関係者によって、話し合いが進められ、
その典型的なのが、大型建造物、風俗店舗、
大型販売店などの建設、運用などの計画で、
それらが、地域住民と建設、運営業者との
和解が進まないと、地域問題として浮上し、
裁判などで、その是非が問われる事になる。

 こうした事からも解るように、雇用での
諸問題には、その根底に”都市(地方)の
環境整備”及び、”環境の活性化能力”に
問題が潜んでいると考えられ、それらでの
問題を見出して、小さな事からこつこつと
解決することが、地域の発展に繋がって、
問題解決が、住民の発展から企業の発展に、
繋がって行くのだと、私わ考えています。

 皆さんだったら、どう考えますか?

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、天才、秀才、馬鹿と『万屋のHIRO』)

万学的、雇用問題の原点は、環境問題?

天才 公的機関と民衆との関係が上手くいっている
   状況下では、国家が繁栄する。

秀才 公的機関と民衆との間で社会的地位としての
   差別化が進むと、国内情勢で貧富の差が出る。

馬鹿 犯罪も経済効果と言う点から見るなら場合に
   よっては、大企業の収益以上に経済力を持つ。

HIRO 雇用と言う面で、雇用枠を募集すべく企業が
   繁栄や増殖しない限りは、期待できないのだ。

弟子 これにおける分野から見れば、やはり労働の
   環境を築き上げる事ができる権力が必要です。

元女 雇用と言う関連では、他人に雇われることが
   前提となるので、つまりわ他人任せとなる。

HIRO ”無いなら、自分で作る!”と言う発想が、
   日本企業の基点となってるのだ。

元女 なら、あんたが雇用枠を広げられるようにと
   中小企業を設立させてみせなさいよ!

弟子 ・・・そ、それわぁ〜無理かとぉ〜・・・。

HIRO おう!おう! やってやろうじゃねかぁ〜♪

   グ−・・・(__).。oO (゚〇゚;)はぁ!

   なぁ〜んだ夢だったのかぁ〜o(^▽^)o デヘ♪

元女 夢じゃない!( −0−)=○☆彡)゜O゚)アウッ!

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =