記事一覧

No.0450 対悪党に対する戦闘手段を模索せよ

2003-07-26
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0450
*======================*
作成 2003-07-03
課題 対悪党に対する戦闘手段を模索せよ

 一般の家庭が羨ましい今日この頃ですが、
皆さんわ自分の親族に違和感を感じますか?

 頭が悪く更に女々しい。それだけならば
まだしも、世間様に負い目を負っていつつ
平然と”俺よりも悪い奴わ居る”と言って、
自分より悪い奴を崇めている悪党の皆さん、
気が弱いから、相手を攻撃しないと怯えが
収まらない、臆病者だとも思っていますが、
最近、それだけで済まされると言うような
状況でもなく、ここらで一斉に暴力団への
見直しをする必要がありそうです。

 対悪党に対抗するの存在も暴力団であり、
結局のところ正統的な暴力や防御策により、
敵の暴力行為を防ぐ意外に、倫理を伴った
対暴力対策がありません。

 昔は、悪党とヤクザが区別されており、
”根無し草(家出人、風来坊)”などを
ヤクザと読んでいたとは、万学での課題に
よってその言語を追求されています。

 悪党と言う存在は、”反社会的”等と
考えがちなのですが之が又そうでもなく、
悪党程、組織の社会化が徹底しています。

 つまり悪党は、一つの社会形式などを
形成しており、それによる人間関係にて
社会形成をなしている場合が多いのです。

 ある意味では、下手な企業の体制より
暴力団の社会体制の方が、組織的な面で
結束力などが強かったり、仲間意識等が
かなり強いとされています。

 とかく感情などに流される人間などは、
”口説かれる(ある意味で洗脳)”される
ことが多く、別枠でわ”食事、世話”等を
一時的に面倒を見て、飼いならす方法等も
ありまして、始めから可愛がられていると
感じていても、実のところで家畜化洗脳を
行われているに過ぎない。

 ちなみに、これって男女間等でもかなり、
公的に行われてる駆け引きでもありまして、
ご飯をおごったり贈り物をしたり等をして
男女関係に持ち込む手段などは、典型的。

 社会意識が強い環境程、洗脳をしやすく、
戦後における日本の会社は、社会体制での
配下によって発展して行ったのも事実です。

 俗に言う縦割り社会は、社会階級的組織
形態を意味しておりまして社会階級により
命令権、指導権の優位性があるのが特徴。

 ですので、善とか悪とかの個人的判断は、
不要であり、社会階級での指示、命令等が
良きも悪きも、従うべき行動となるのが、
現代社会体制の悪い部分でもあります。

 万学では、それを改善すべく手段として
”諫言秩序(かんげんちつじょ)”と言う
概念から、社会階級における指示、命令の
正当性の判断を行為者が行って悪き部分を
改善する若しくは、上司に指示変更などを
促す相談をして、業務秩序の安定性などを
末端人材の作業現場から行って、あらゆる
危険性を回避する、危機管理にも反映する
改善策を提案しています。

 悪事を行う人材同士は、通常作業などを
行う人材同士の絆よりも、強いと言うのが
定説となっており、これにおける正義感を
更に”虐待”によって、正当化をしている。
つまり裏切り行為における、仕打ちである。

 私の場合には、相手との駆引きにおいて
わざと負ける事があり、むしろ負ける事の
付加抗力によって敵が自滅してしまうとの
手段をとる場合が多い。

 これは、社会的な地位の高い敵に対して
かなり有効で、その手段が多様にあります。

 と言うことで、対悪党戦に備えまして、
皆さんも無理なく的確に敵を処分できると
言う能力を身に付けて頂ければ社会改善が
図れるものと考えております♪

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、天才、秀才、馬鹿と『万屋のHIRO』)

万学的、対悪党に対する戦闘手段を模索せよ

天才 論理的な非暴力的解決方法によって、それら
   全てが防げると言うことは、空想に過ぎない。

秀才 悪党や暴力における行為には、正当防衛等が
   可能だかが日本の国民達は、防衛力に乏しい。

馬鹿 武器を持って怪しい奴は、片っ端から殺して
   行くのが、先制的な防衛手段であるのだ!

HIRO 非暴力的に、ここ10年を生きてきたけども、
   残念ながら、それだけでわ暴力を防げない。

弟子 師匠も過去に暴力団系の人材に数回、交戦を
   しており、そうした経験を踏まえてのこと。

元女 でも、所詮男なんて馬鹿よ♪男を挑発したり、
   誘発的に喧嘩に持ちこんだりしたって馬鹿は、
   馬鹿で、その生涯は、SEXしか能がない奴ら。

HIRO 正義の味方も・・・

元女 所詮、変わらぬ紙一重。

HIRO だと思った、、、(^ω^ ; )ゞ

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =