記事一覧

No.0448 前期における”万屋のHIRO”工作内容♪

2003-07-16
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0448
*======================*
作成 2003-06-15
課題 前期における”万屋のHIRO”工作内容♪

 一般の社会人が、どこまで社会人として
機能できるかが個人的な意味の挑戦であり、
政党の設立においては、金銭を最低限度で
政党の設立や運営が可能か?、又、一般の
社会人が、政治に対し気軽に参加できると
言う状況を作り出すことを追求する事等が、
課題の枝葉となっておりますが、根底には、
”環境”があり、その基礎を改良工作等を
行いつつ同時進行にて、未来型政策へとの
思考策案に繋がる環境に導くと言うのが、
工作での追求される点なのです♪

 別枠での政策思案として検討して欲しい
課題については、以下の通となっています。

1.中学生に実裁判の傍聴を行う。

 少年犯罪に付いては、増えても減っても、
まったくに無くなると言う状況は、現代の
社会状況でだと、ありえないと断言しても
過言でわありません。
 そうした状況を事前に防ぐという意味と、
社会人としての常識として、犯罪における
”審判の立会を行う権利と裁判の意味”を
学ぶと同時に、社会的意識の向上=犯罪の
防止意思の向上を図るのが目的となります。
 又今日における民法分野を含める裁判の
ようすなどは、各地方等においてもあまり
一般的に傍聴される事がすくない状況にて
審判が進んでいる状況などは、法廷形式の
主根である環境意識に欠けていると思う。

 それら法的な分野での活性化を伴った、
一般人の法的意識の改善し、法治としての
日本国家の現状を把握し、世代ごとにより
発生する社会問題や、法規制の改善と削除
などを社会的権力者が牛耳るのでわなくて、
国民一人一人である個々が把握することが
目的となっております。

2.就労義務あれど職が無い状況を改善せよ!

 これは、戦後の産業分野からServis業の
転化状況において、産物過多に人員などの
過多に陥っている。その割に、求めている
人材の実数は、少ない状況であるのが現状。

 この状況は、社会として必要となるべき
”人材が居ない”と考えている管理職達や、
人事系の役人達が、”社会教育”とのなる
重要な基礎教育を、学べる社会環境などが
備わっていない事が浮き彫りとなってます。

 昭和における好景気には、社風的洗脳と
呼ばれる程に過度な教育を行ってしまい、
その反動で、そうした教育を経験してきた
現管理職役人達の精神的影響が社内教育に
たいして消極的になっていると個人的には、
考えています。

 しかし取締役系の役人達は、良き時代の
背景には、『従順たる社会を打ち砕くかの
ごとく、個人の技術と個性の向上教育にと、
投資をしてきた』結果に、好景気を迎えた。

 が、確かに過度におけるSparta教育が、
後での社会人としての存在に、過剰となる
権威保守者と従順関係により、法知的での
権威でわ無く、社会的地位に伴う権力にて
人材を動かすようにと変化してしいます。

 これを会社内で少数派にて法的な権力を
主張しても、圧倒的にて団体への対抗には、
及ばずに、むしろ自分自身の社会性までも
奪われてしまうことになる場合もあります。

 本来ですと”諫言秩序”の関係などから、
企業における、その時代の改善すべき点を
若手が盛んに指摘して、企業が進化します。
ところが、成り上がり管理職などからにて、
権力保守の関係から、個人的な防御壁用に
人材を自分の配下に囲んでは、問題などを
威圧的に処理させているのが、一般化して
いるのが現状でもあります。

 雇用と企業の体質改善を踏まえまして、
『個人における社会的基礎知識の教育や、
社交的教育などを含めての教育の場などを
増やしつつその企業を離れた後であっても、
他の企業が”採用に太鼓判を押す”ほどの
人材を作り出すと言う事が、文化向上にも
繋がるという事を、企業が認識する必要が
あると、私わ考えている。

 学校を卒業し、社会に出て人間関係等を
会社などの企業や、社会での社交状況にて
必然的に学ぶことになるのですが、若者は、
常に社会的地位のある人材に対し、憧れと
疑問を抱いているとの状況は、どの時代も
変わる事がないのです。

 権威者の素行を疑うと言う事については、
”社会人としての信用”も疑われていると
言うことでもあって、これによる状況にて
各世代毎に閉鎖的になるのも、自然現象だ。

 ということで、企業における社員教育の
改善と、それ同等の公的機関の社会人達の
人材育成の場を作ることが求められている。

 また人材という点では、転職の再就職が
ある意味で一つの問題となっていますが、
この点についても、”社会的義務”などを
国家が唱えている以上は、それ相応となる
知識などを与えているからこそに言えると
言う点からも、就業における後押しなどを
社会的な精神面からも支えられる体制にて、
雇用と社会組織としての問題を関連的に、
解決をした行きたいところ。

 とりあえずは、以上の二点。

 私の場合における問題解決の工作方法は、
”連鎖的改善策”を基本的手段としてます。

 ちなみに縦社会の特徴として、従順たる
社会関係から、下から上へと上がるには、
かなりの時間と能力を無駄にしています。

 そこで、上から下へと流れるようにと、
工作することにて、これにおける問題を、
その案を、管理者の立場による判断にて、
自分の配下にあった適切なる問題解決での
管理者独自の私案と変換されて行きながら、
改善されて行くので、無理無く企業意識を
損なわずに、問題に取り組める利点がある。

 どうしても、下から上へとの場合では、
個人の主張としか中間管理職が受け止めず、
上層部へと起案が進まないことが多いです。

 自然にある”水の如く”の工作により、
その時々の応じた対処で、的確なる起案を
行って行くと同時に、その案を宣伝すると
言うことが、今の私の主力になっています。

 が・・・最近、政策側の動きが速いので、
それ以上のことを考えないと無意味となる。

(-"ω "-;)ムムッ

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、天才、秀才、馬鹿と『万屋のHIRO』)

万学的、前期における”万屋のHIRO”工作内容♪

天才 まあまあ。

秀才 時として、効力を発揮するに時間を要する。

馬鹿 抵抗性力に荷担させて頂きます。

HIRO 自分で自分を誉めてあげたい♪

弟子 私も、師匠を誉めてあげたい♪

元女 HIRO、久々に私に抱かれてみる?

HIRO (*/ω\*) イヤン ♪

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =