記事一覧

No.0441 法案の定義と、法の削除への働き

2003-07-02
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0441
*======================*
作成 2003-06-06
課題 法案の定義と、法の削除への働き

 TVのNewsで参議院による自衛隊に関する
新規法案の是非を問う起立を求めた結果、
見た目に一人だけ、席を立たない人が居た。

 …私も例え一人であっても自分の主張を
活かし且つ、自分を支持して居る人達等の
代議士として勤める姿は、とても美しい。

 民主主義における保護されるべき人達の
手段としては、例え一人であっても法治で
ある限りは、その権利に従うべくに個人の
主張が守られなければならないと言う事を
実感したのでした。

 席を立たなかった人は、確か最後の方に
質疑した議員(?)で、旧日本軍下にての
”特攻員”の実務経験があると言っていた
初老の人だったはずです。

 また答弁としても民主党の若手議員が、
議員達にでわなく国民個々に問う形のでの
発言を行た事に対して公の場である議会を
傍聴すべき国民個々達に届いて欲しい思う
言葉でもありました。

 参議院の本会議傍聴に、未だ出席をした
ことがないのですが、是非機会があったら
傍聴してみたい。

 明日は、国会の本会議があるようです。
自衛隊に関する日本国民の未来を左右する
重要な法案でもありますが、その法案にて
未来の日本国民達が守られる事になるのか、
又わ更なる危機にさらされ惨劇を招くのか
見守る必要がありそうです。

 いずれにしても犠牲無き戦いに日本人は、
挑んで行く勇気と知恵が必要になることは、
今後においての政策選択では、間違え無い。

 日本国が敗戦後の現在でも存在している
その理由を国民個々が追求すべき時期でも
あって、そうした時期だからこそに国政も
あらゆる意見を分散し、且つ統合して行く
統括能力と、国民の世界規模での社交性を
見出す時期を迎えることになると感じてる。

 日本の文化向上が、世界の文化向上にも
通じるほどの文化改善を進行することこと
諸外国との問題を解決することに通じると
考えています。

 正義を信じて戦った犠牲者達の思いを、
今こそ零にして、英国の体育的で健康的な
零(Love)へと転化する能力が求められる。

 今現在、私達が生きているこの地上では、
人間以外にも多くの生物が生存競争の中で
生活を強いられている。それわ微生物から
霊長類に至るまで、様々であり色々である。

 人間以外の生物にとって人間がどの様に
見え、感じ、思うのか? もし自分が人間
以外の生物だったら、どの様に生きられる
だろうかなどと考えられるならば、仏門に
おける曼荼羅の輪廻を悟る事ができるし、
社会政治における論述が理解できるなら、
社会主義がどうして宗教を嫌うのか等も
理解でき、人の教えを神の教えと説くとの
必要が理解できれば過去の賢人達による、
言葉の本質が見えてくるはずだと考える。

 自らの存在すらも理解できない人達が、
神や仏、聖霊などの存在を理解する現象は、
今の私には、人類規模での大いなる疑問だ。

 一度定められた法令は、後に法則の如く
国民個々に対して追及されることになるが、
必要と無くなった法令に付いては、社会的
Fhantomとなって漂いつづけることになる。

 時期により必要な法案を設立し、不要な
法案を排除するだけの循環能力などを持つ
政治は、人間の文化的向上を等加速的にて
向上へと働きかけてくれると考えてもいる。

 必要な時期に規制し、不要な時期には、
緩和して行く柔軟性が人間と言う生物には、
必要であると私的には、感じている。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、天才、秀才、馬鹿と『万屋のHIRO』)

万学的、法案の定義と、法の削除への働き

天才 定めると言う規制は、自由を阻害する行為で
   それに対する反対は、少数ならがら必ず居る。

秀才 少数ながら反対する人達が社会的な排他から
   守られると言うのも法的な規定の利点である。

馬鹿 定め多くは、悪人を増やし、定めなくてして、
   悪人を裁くことができず。しかし裁きを逃れた
   私達にとっては、無意味な存在でもあるのだ。

HIRO 法律と言う規制効果としては、法や裁きなどを
   逃れる、人間として究極の性である選択がある。

弟子 だからこそ悪党と言う不義の裏社会と呼ばれる
   存在が形成されてしまう事実を理解すべきだ。

元女 しかし、そうした分野を手がける学者たちは、
   ”お化け取りがお化けになる”危険性もある。

HIRO 英雄は、危険と浪漫を求めて生きて行くのだ!

弟子 って事は、師匠が率先して・・・

HIRO もちろん! 安全且つ的確な生活区間を求めて
   日々に放浪を続けるのだよ…説法しながら…笑

元女 意外にも今言ったHIROみたいな事を成し遂げた
   人が”論理的社会思考の説法者=神の使い”と
   言われて現代でも祭られているのが現実です。

HIRO 口先専用論理なので…。

弟子 実行あれば、神に成れるかもと言う点では、
   本当に”馬鹿と部屋向こうの男女は、紙一重”。

元女 単独的に正義を訴える馬鹿も居れば、何と言う
   災難にも遭わずに、平凡に老いて行く人も居る。

HIRO 大きな危険率に小さな成功率! そんな私達の
   性格に心を許す、女性人達・・・( ̄ω ̄ククク

元女 ただ哀れげな男達に抱かれる思いも、馬鹿程に
   愛しく思える不憫な生き物もこの世におるまい。

HIRO ・・・英雄志願、辞めちゃおうかなぁ〜♪

弟子 ならば私が、、、( ̄^ ̄)エッヘン!

元女 弟子ちゃんって、カッコイぃ〜♪(*^・0・^*) !

HIRO (-ω☆)キラ〜ン♪ なら私だってぇ〜♪

(単細胞動物より、単純なのが万屋のHIROである)

o(^▽^)o デヘ♪

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =