記事一覧

No.0440 日本国の戦線事態を論理にて防御せよ!

2003-06-30
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0440
*======================*
作成 2003-06-05
課題 日本国の戦線事態を論理にて防御せよ!

 万人に解り易く、浸透しやすい。更に、
説明ができると言う点についても、重視。
とりあえず社会問題に付いて取組み方や、
地域における問題への解決の方法などを
説きつつ防犯や防災、そして地域循環に
関する活性化を個人の分野から行う為の
手段などを発表できたらと考えています。

 ですので、ここの記載で以前のように、
個人的な感情を過激に表現するなどは、
好ましくない状況になります。

 行く末に、もう一つSiteを立ち上げる
予定の”無名の個人が政党を作れるか”
との課題があるので、それに平行しての
私生活が、可能になるかが問われます。

 とか言っても私生活における資金源を
確保しなければならないし、色々とその
点では、大変。

 最近、十分の周囲の敵も賢くなって、
心理戦にての対抗が殆どになりますが、
これにおける適切な対処法として冷静に
なると言うことでわなくて、一方的にて
正義を名乗り、徹底的に物理的な交戦に
持ち込む事です。

 実は、この方法。基本的な原理として
古くから使われている組織的戦略でして
GuerrillaやTerrorist等が好んで用いる
戦略でもあります。

 一般に権力者は、公的な立場を利用し
自らの主張を権限によって正当化します。
それに従う配下の部下達は、個人的での
心情に拘らず、上氏の意見に賛成すると
言うことになる。これが俗に言う縦社会。

 例えば、上氏が一人部下を排他すると、
それに従い周囲の部下も排他すると言う
社会連鎖行動が見られるのです。

 それに対して、法律や正義感を掲げて
立ち向かうのが・・・(-ω☆)キラ〜ン♪

 なぁ〜んてね♪

 ですが戦略的に少数の場合においては、
奇襲攻撃がもっとも有効的となります。

 そうなると心配なのが北朝鮮問題です。
私の行動心理を基にするなら、経済的な
封鎖を受け、更に国家が不安定になると
言うのであれば、いっそ自決的に交戦を
交えてみるのが”男として英雄的である”
と考えてしまうと、中東戦争の様になる。

 そこを何とか理論的に円滑処理をして
行く事に現代人としての手腕が問われる。

 武力を論理の壁で防ぐと言うことは、
物理的面からも不可能であると言う事は、
神や仏の存在を黙認するすことよりも、
遥かに難しい理解力と知的面での工作が
必要となります。

 その第一弾として在日朝鮮人学校を
国内の平均的学校と均等的に扱うことと
同時に学校側も一般国民に学校を開放を
してもらうことも検討してみるべきだと
考えています。

 日本における愛国心は、憲法上などの
理想論からすれば、世界的規模の惑星的
愛自惑星心にまで繋がる様にとなるべき
ほどに高度な内容になっておりまして、
一般の人がたやすく理解できるような、
内容とわなっていないことを理解すると
言うことも重要です。

 敗戦後の日本経済から、西洋圏からの
経済援助に知的分野での援助を受けると
同時に、日本国を西洋人の視野からでも
愛されるようにと、開拓した多くの西洋
科学者達などに支えられてきましたが、
日本の社会体制の基盤においては、能力
というのでわなくて年功権威性が未だに
保たれていることが疑問視されています。

 日本の主力人材は、心理的面において
かなり弱い所があるのですが逆にそれを
利用して、可愛がられているのも事実。

 北朝鮮側が自ら先頭を仕替えた場合は、
結論としてわ社会主義体制を放棄したと
考えるべきであり、現在における自国の
体制を守るのであれば友好的な外交へと
盲目の世界視野を手探りでも探すべきで、
それが自国の国民への国家主席としての
求められるべき手段かもしれない。

 日本視野で朝鮮民主主義人民共和国を
一方的に、、、いや、西洋的な視野にて
一方的に論議的に責める事は、できない。

 覚せい剤を含め、日本国から流失する
経済利益などに加え、最近話題になって
いる軍事品の調達に付いて等についても、
『売る日本人がいて買う日本人が居る』
と言う事をまず日本の国民個々が認識を
すべきです。

 正義の名の下に戦った有志たちの真の
心の声に耳を傾けるべきであると考える。

 戦争を知っていても銃や武器を手にし、
人を殺す事の意味を知らない現代日本人。
そう言う点では、それこそ死刑囚などに
殺人における状況を聞くことも必要かも
しれない。

 ・・・私は、必要時に武器を持って、
戦わないと言っていないし、又それらを
日本の国民個々に進めているわけでない。

 しかしできることなら、武術、武器を
手にしたもの達なら解っているように、
”武力への憧れと、暴力の矛盾”には、
安易に振れて欲しくないと考えるのが、
一般的だとも感じているけどどうだろう?

 戦わずして勝つ事が日本人にできるか?
その可能性がある限り、それを求めたい。

 議論に勝って共存で、負けて自国の消滅。
日本経済は、既に東南ASIAの経済圏からも
侵食的に危うくなってきていることなども
認識すべきである。

 愛国心が戦争を招き、愛自惑星心により、
人類が成長するとも考えているのですが、
皆さんだったら、どう考えるだろうか?

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、天才、秀才、馬鹿と『万屋のHIRO』)

万学的、日本国の戦線事態を論理にて防御せよ!

天才 論理と言う防御壁は、人間の絆の下では、
   この世でそれに勝る者がないとも言える。

秀才 論理とは、理想であり空想であるのです。
   物理的な結果は、不変の事実となるのだ。

馬鹿 ハッタリかまして、更にわ女をかまし、
   この世を渡ることに男らしさを感じる。

HIRO もしも諸外国から軍事的な攻撃などを
   受けて応戦すれば正統的な防衛戦になる。

弟子 つまり日本に軍事的作用を期待するなら、
   正当防衛の名の下に戦線に引きずり出す。

元女 この心理作戦は、世界中どこでも平然と
   行われている物理戦線誘導的工作です。

HIRO 物理的対戦誘導工作には、米国本土での
   Terrorisn活動の黙認などがあげられる。

弟子 ちなみに世界各国のSyndicate等の存在を
   各国政府が黙認しているのと変わらない。

元女 しかし権力者の管轄外であるのならば、
   暴力団の縄張り争い同様に、正当防衛を
   主張して攻撃できます。

HIRO 小学生の頃、暴力的に相手をぶちのめす
   手段として正当性を前提に敵を探したと
   言う記憶があります。

    暴力的行為も同様に、戦いにおいての
   正当性を公開できる範囲内であるならば、
   正義の味方となるのだ。

    当然に悪の存在がなければ成立たない。
   もともと正義の味方は、当てにならない。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =