記事一覧

No.0437 商いの教育

2003-06-08
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0437
*======================*
作成 2003-05-25
課題 商いの教育

 最近、企業の人材が他の人材に対して、
物を教えられないと言う現象が起きている。

 これは、大手企業などのように大量数の
人材を雇用していることもあり、末端まで
人材を管理しきれていないと言うのが現状。

 人材の質は、その場の人材管理者に似る
とされ、親子関係の如く人材の性格として
その特徴がはっきりと解る。

 一般的に言われているのが、人に物事を
教えられない現象は、そうした教育などを
受けてきた職場での社風と言うものがある。

 怒鳴り、怒って人材に物を教えていると
言う場合には、一見して作業が綺麗に見え
これぞ匠といわんばかりの作業を行うけど、
それにおける人間性の味が、直接でるので
物の質よりも、気質での客観性に過ぎない。

 販売における部門は、売上数が経済的な
評価となるので、売れなければ意味がない。
またその反面で、どのような場合も売れば
実績としての評価を受けてしまう事がある。

 売り手側の勢いで、買い手が購入するが、
それにおける消費の有効性にかける場合も
あって、まるで”お水のカマシ技”である。

 ”Servis”が売りとなっている職種では、
結局のところ販促品により、”あらり”を
稼いでいるわけで、”お水”の場合では、
酒やツマミによって成り立っているのだ。

 Servisと言うより、言葉巧みに物を売る
口頭商法に過ぎません。場合によっては、
店頭売りであっても”押し売り”に近いと
言う状況で商いが行われる場合もあるのだ。

 とこで”販売業”における気質とわ何で
しょうか? つまり物を売るということに
”行商”としての業(わざ)は、販売行為。

 商品として生産されたものを売り捌くと
言う行為によって”販売業”として成立つ。

 しかし言葉巧みに物を売る行為などでも
度を越すと、押し売りや脅迫などと同様の
行為となるので、要注意である。

 商いは、”売り手”と”買い手”が居る。
しかし、消費経済にてこれが買い手先行で
はじまり、過剰な行商行為によって成立つ
経済が育成されてしまうのだ。

 挙句の果てには、闇だけでなく公的にも
人間自身の価値観迄もが経済的に換算され
ていることは、既にご承知のとうりです。

 ところで貴方の価値は、どれくらい?

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、天才、秀才、馬鹿と『万屋のHIRO』)

万学的、商いの教育

天才 商いにおいては、商取引の相手との交渉にて
   行われる、商取引契約にて成立いたします。

秀才 その原点は、物々交換にあると言われており、
   その後に貨幣論を経て権利利益等が誕生する。

馬鹿 賭博に投資をしているのですが、なかなかに
   巨額な利益権を得ることができませんねぇ。

HIRO 商いにおける教育には、商取引相手などとの
   信頼関係と、暗黙の規則が存在しています。

弟子 互いに異なる価値観から生まれてくる価値が
   貨幣論を生み、育てたとも言われています。

元女 体一つでぇ〜この世を渡りぃ〜♪

HIRO 体一つの女性にぃ〜、だまされぇ〜♪

弟子 体一つの女性にぃ〜、可愛がられぇ〜♪

元女 体一つでぇ〜二匹の男を釣り上げたぁ〜♪

HIRO \(_ _ )  ・・・

弟子 o(^▽^)o デヘ♪

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =