記事一覧

No.0419 教育分野における発想の転換 -序文-

2002-04-20
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0419
*======================*
作成 2003-04-06
課題 教育分野における発想の転換 -序文-

 物事の裏事情を把握しつつ、現実と言う
ものを考えないと社会なんて改善できない。

 さて今期においては、色々と環境面での
問題に取組むことになっているのだけども、
その中で義務教育と高等教育、専門学校や
大学以上の分野に大きくわけて考えたい。

 義務教育と言う分野で一般的な庶民が、
大きな誤解をしている義務教育への考え。

 義務教育は、日本国憲法の基で社会を
形成する国民の基礎知識として学ぶ事が
できる制度を言いますが、入学における
年齢の制限があっても卒業においてでの
年齢制限がありません。

 つまり義務教育を受けるべき時期に、
義務教育を放棄しても、後に再受講等を
受けれることが可能である。

 よく社会に出て、再度学問へと進むと
言う意思に対して、否定的な管理職系の
人材が多く存在している。

 結局のところそう言う人材の目的は、
学習意欲ある人材を現業務での学習に
とどめておくことで、部下として無駄な
能力を外部で使用することなく、有効に
企業貢献へ転化でき、更に管理者として
役務の実績になる。

 私は、何時の年齢、状況におかれても
興味のあることに関する研究、情報収集、
それら知的欲求に関する阻害する行為は、
知的人間の成長を阻害すると考えている。

 ただ殺人、窃盗などの犯罪、科学での
危険な実験などを伴う場合、その点でも
阻害されない一つの思考転換を考えると
言うことが重要なる。

 例え犯罪や、重度の危険が強いられる
実験などにおいても考え方を転化すれば
重分に可能になると言うことを教えると
言うことを教えておく、また理解させる
必要があると考える。

 殺人、窃盗などの犯罪は、法規制です。
つまり現状における日本じんの場合には、
法規における規制が無い、又殺人、窃盗
などが平然と行われる国で生きれば良い。

 日本の憲法は、日本国民の移民自由が
認められている。つまり、亡命といった
ものが存在しない。

 それこそ他国の軍隊に入隊することも
可能であれば、犯罪組織に加入できる。

 危険を伴うと言う研究などの分野では、
危険な研究を行える為の許可を得れると
言う方法を修得すれば良いのだ。

 犯罪分野でも重大視されているのが、
個人作成における爆弾などの作成だが、
現在日本国民の工業高等学力があれば
だれもが十分に作成できる。

 また個人の好奇心による作成では、
規模の大小があっても中学生が十分に
作成可能であるほどの情報が世間を
制してることがあまり把握されてない。

 つまり一般者に多くの研究分野での
補助を好意的に参加してもうことで、
共感的に開発を進めたり、研究を進め
『共感性のある社会的開発意思』へと
知的欲求を繋げることが、愛国心へと
つながる唯一の手段であると考える。

 Iraq戦争における米国の軍事的での
判断は、まるで人の恋愛と変わらない。

 相手の気を弾き、争うことによって
思いが重なると言う現象は、対立した
人間関係の性的な和解方法なのである。

 例えどちらかが絶滅しても歴史的に
相手の存在を立証されるのが、現代の
高貴文明の現実である。

 Iraq大統領は、その世界的立場から
己が自分であるが為に、生きていると
言う行為は、自分の為でわなくって、
自分を信頼し命を投げ捨てる覚悟にて
戦う戦士達に敬意を表しているだけだ。

 敗戦後、日本の軍隊思考の残影が、
極右として残っている。

 この政治思想を伴った軍事暴力等が、
世間を脅かすことに繋がるとされてる。

 英語で意味する男性的な楽園名は、
”都会の超排他区域”として存在する。

 基本的に仏教的な思考の原点では、
いかなる分野においても女性に利益を
もたらす行為を嫌っている。対抗的に
女性による思考のもとで、男性として
利益を優位的にもたらす事を好まない
思想もある。

 現代の日本では、どのような立場に
立っていても、その社会的地位を確保、
保守できる賢人が居て、その配下にて
従事ている人材がいる。

 以外にも、選挙や国政に関心がない
文化的な生活者は、平和だったりする。

 学問へ進めの思いの下、多くの人に
知的欲求を抱かせ、その不満の基にして
人類が安全に発展して欲しいと言うのが
私の個人的な考えなんだけど、、、。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、天才、秀才、馬鹿と『万屋のHIRO』)

万学的、教育分野における発想の転換 -序文-

天才 学ぶと言う意思は、人間が生きて行く為に
   必要不可欠な無意識での欲求なのである。

秀才 教育と言うのは、教えて育てると言う事で、
   学ぶと言う点と異なるのが指導者の誰もが
   尊敬されるわけでわ無いと言う事である。

馬鹿 今日における性教育の低下が未成年などの
   個人買収の温床になっている。ちゃんと、
   私のような胴元あっての買収家業なのだ!

HIRO 教わる側が、好んで学ぼうとするものを
   提供すると言う体制は、どうだろうか?

弟子 師匠!それは、別の人を師匠と呼んでも
   良いと言う事にもなるけど、どうですか?

元女 まぁ〜布団の中で色々二人には、教えて
   あげたんだから多少は、尊敬されたいわ♪

HIRO ( ̄ω ̄ ん?二人!

弟子 (*/0\*) 元女師匠ぉ〜ん♪

元女 ( ̄^ ̄)解れば良い♪

HIRO この枠、、、読者に読まれているのかなァ。

   ( ̄ω ̄)=3 ハァ〜

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =