記事一覧

No.0414 産業における均等策

2002-03-26
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0414
*======================*
作成 2003-03-02
課題 産業における均等策

 産業における意思の統一感に欠けて
しまっており、これにおける産業での
”品質の粗悪”を始めとし、あらゆる
産業の品質が外見ばかりの”見た目の
品質のみが重視”されている。

 しかし、そのなかでも誤魔化し等が
効かない分野としてServis産業がある。
顧客の身心共に満足の行くServis等を
主体としている事から、業務教育等も
徹底して見直されている。

 ”泡の好景気”と呼ばれていた時期、
実は、社会人の質が物凄く高かった。

 と言うのは、”洗脳”と呼ばれる程
過酷な社員教育があり、仏教の苦行や
軍隊方式など、あらゆる方法を用いて
営業分野の教育が行われ、生産分野は、
”人為的な過失や、経費削減に伴なう
機械化”が進んだ事もあって一時的に
「良質製品の大量生産」が可能となる。

 ところが、良品の大量生産によって
製品事態の寿命が延びる事が実の所、
自らの産業において、後の反復販売に
影響が出てしまう結果を産み出す事と
なってしまう。

 「大量生産と良品質」の課題では、
『流行的商品』を産業で取扱う場合、
これを機械化していれば、品種改良の
度に機械加工の修正を行う必要があり、
それに伴なう経費も掛かる。比較的に
産業行程の工作に対し人為的であれば
比較的自由が効くといえる事からも、
”生産の機械化”に歯止めがかかり、
”流行的産物における人為的加工”が
見直される事となった。

 この場合での産業主による判断は、
生産物流行(販促程度)から次世代の
産物進化への切換え時期と開発分野の
均等が必要であって、偏ってしまうと、
一時的な大きな景気の山谷を迎えると
言う現象を引起す。

 また良品に拘る産業者は、適度量を
生産し、製品価格も将来を見込んでの
設定にしておけば、品質に拘る顧客に
安定した良品を提供できる事になる。

 拘りを持った顧客と、流動的顧客の
販促が産業に伴なう利益取得の駆引に
なりますが、現在でわ携帯電話、PC、
TV機器などのAV機器、自動車など
”見た目”と”付属機能”によって、
そいの品質を他社との差別化を図って
ますが、”流動的顧客の確保”と言う
分野では、顧客側の判断でわ最も得の
ある産物の”買い換え時期”と言った
点があります。

 不思議と流行物に関しては、必ずと
言って良い程に、販促強化時期を設け、
あらゆる特典を付けて販売を行います。

 これは、人の性格にもよりますが、
「拘りの良品を末永く使用する」との
思い入の強い人と「流行である良品を
使いこなす」と言う二分野になる。

 ”拘りを持つ”と言う事は、品質の
「個性を末永く愛用する」事でもあり、
”流行的な良品”分野は、「その時期、
最も人気のある商品が良品であるとの
判断をすると同時に、貧富に関係なく
他者との統一感を得られる」と言った、
文化的生活観の満足までも得られる。

 Brand商品は、良品的個性、品質や、
生産の数など、開発や生産から販売に
おける分野を全てを均等に保つことが
可能であり、流行に伴なう開発と生産
などでも均等が行えているからこそ、
HighSocietyBrandとして成立つのだ。

 が、顧客が品質を確認する知識には、
欠けている事から類似品、長期生産に
渡る事業保守にて商品内部の品質劣化、
などと言った顧客に解りずらい部分の
品質を落とす傾向が現在の産業では、
確認されています。

 人間だって同じだと思います。
一時の感情で”人的生産行為過程”に
至ったが為にできた人間が良質だとは、
言い切れるわけもありません。

 Sexは、男女のだがいの確認行為だと
言われてもいます。それが人的生産を
伴なわない性行為であって、お互いが
”人的な生産意外に得たい物を得る”
と言った感覚で成立っているようです。

 ・・・生産技術は、Sex技能同様です。

 思春期を迎える時期に悩みがちな性。
これは、「人的産業に伴なう愛の技術」
と考えて頂ければ良いのかも知れない。

 そして争い、決闘、戦争などの競争。

 人類の幸福は、男女が自然環境中で
人を生産したいと願った時にだけ卵子、
精子が1個だけ生産され遺伝子交換が
行われる人体的進化が得られた頃には、
人類の発展に伴なう幸福的な文化等が
得られるだろうと、考えるのですが、
先走っているのが、科学と言う分野で
あって、科学者達の多くが”神の手を
持つ者達”よ呼ばれるが如くの存在。

 と言うことで相対性理論の対抗策に
「経済文化均等理論」を作成すれば、
文化向上への道も開けるのかな?

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、天才、秀才、馬鹿と『万屋のHIRO』)

万学的、産業における均等策

天才 産業のDilemmaと呼ばれる産業活性思考策も、
   均等策においては、着目されていない。

秀才 日本経済としては、産業も均等策を取ってる。
   しかし企業内わ強制退社等で人材が荒んでる。

馬鹿 風俗産業が活性化しすぎてしまったことで、
   経済的差別化が極端になってきているのだ。

HIRO Servis業が、産業であると言う経済学者達の
   視点が、産業としてずれていると思っている。

弟子 Servis業の中でも多種の分類別がありますが、
   通信分野等の交流、情報交換に伴なう分野は、
   Servis業と考えるよりは、情報活性化産業で
   通信機器の開発などとして産業と認められる。

元女 風俗産業や賭博など、気分だけで満足をして
   しまうような産業もある含まれていますよね。

HIRO Servis産業の分類を、更に区分けする必要が
   ありそうな時代がやってきたのかな?
   

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =