記事一覧

No.0412 産業における基本原則

2002-03-22
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0412
*======================*
作成 2003-02-28
課題 産業における基本原則

 人間にとっての”環境”とは、与えられた
空間であって、その中で自由に生活ができる。

 しかし個人、文化(家庭)、社会、国など
個人から国家に至るまでの様々な複数による
生活の中で必然的に生まれて来る規則があり、
それに伴なった集団生活が保持される。

 与えられた空間には、本来だと”自由”と
言う条件があるのに対して、理論的な意味で
”共存”の基に、「憲法」や「法律」等にて、
行動規制を行いつつ、子孫繁栄を願っている。

 誰だって子供達は、可愛い。また誰だって、
自分の子供は、他の子と比べても優れてると
思いたいものである。

 やがて子供達は、大人となり成人を迎える
頃には、自分の生まれ持ってでの”血族的な
家系による偏見”によって物事が歪められて
いる事を知る。

 企業の中でも”派閥”や”縁故関係”にて
出世が決まるとも言われており、その他にも
現場の上氏における選抜による参謀選出には、
”忠実なる自分の下部”を探し出すことにて
”いざと言う時の身代わり”にするのだ。

 ・・・人間は、何故戦争をするのか?

 そんな問いを有名な物理学者の名前により、
本になったそうです。

 日本の産業界の見直しは、人材においての
教育分野を強化する事です。得に基本原則を!

 基本を把握できずに、応用を基本とすれば、
その元来の意味合が廃れてしまう。それにより、
産物意味合も、変貌してしまうのだと考えてる。

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、天才、秀才、馬鹿と『万屋のHIRO』)

万学的、産業における基本原則

天才 産業における基本原則としては、生産行程から
   産物の廃棄に至る迄、人畜無害である事が条件。

秀才 国家における規定では、副産物に於ける範囲を
   設けて合法化しているが有害質を規定範囲でも
   生産している事実に変わりないのだ。

馬鹿 産業における基本原則は、食う、寝る、遊ぶ。
   この基本三原則を主体に作業行程があるだ。

HIRO 産業における原則分野では、生産物における
   副産物が、永遠なる課題とされています。

弟子 しかし副産物としても、有害物質の生産等を
   許す事ができるのかが問われてもおります。

元女 有害物質とまだ認定されてない不明副産物は、
   多く存在しており、その代表とされてるのが
   ”環境Hormon問題”などの問題です。

HIRO ”Hormon”と”Pheromone”の違いが解ると
   言うような人間になりたいものです。

元女 まだ、前回の”抜き”が甘かった様だわ!

   (−.☆)キラ〜ン♪

HIRO 軽やかな足並みで・・・

   C= C= C= ┌(;^・ω・^)┘ ワッセワッセ!

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =