記事一覧

No.0401 巨大隕石”BigImpact”に『零』 その1

2002-02-18
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0401
*======================*
作成 2003-01-03
課題 巨大隕石”BigImpact”に『零』 その1
副題 恐竜の体型と環境条件

 地球上に直径10km以上の巨大隕石が地上にと
落下した事から、恐竜時代における地上の環境が、
一変したと言われています。

 恐竜などの化石における調査を始めとする古代の
化石調査から当時の地球環境が科学的に復元された。

 各分野の科学者によって復元状況は、異なってる。

 この隕石の衝突は、学術上でわ”BigImpact”とも
呼ばれており、それ以前迄の地球環境説においては、
様々な説があります。

1.環境条件

 大気は、二酸化炭素が比較的多く、それによって
地上温度は、現在より全体的に高く亜熱帯的気候が
地上全土に広がっていた。  

 と言うのが有力説ですが、それだけでしょうか?

 私の推測では、恐竜の巨大化が気候と食料になる
植物との関係だけに、限られていないと考えてます。

 亜熱帯の気候だと動物的の体型は、寒冷地よりも
比較的に育ちやすいとも言われています。しかし、
只それだけで恐竜が巨大な体型を維持できたとは、
とても考えにくいのです。

 また、化石として発見されている恐竜においては、
大きく二つに分けられてる。二足歩行と4足歩行を
する物とに大きく分けられ、其々が進化の過程にて
4つ足から2足へと進化して行ったと考えるのが、
妥当です。

 そうした中で四足歩行をしている恐竜に付いては、
二足歩行をする物よりも、大きな体型をしている。
また二足歩行の物に比較的肉食が多いとも言われる。

 今回は、この4足歩行をする巨大体型が果たして
亜熱帯における生活環境だけで、あの身体を支える
ことが可能かどうかが問われる。

 4足歩行をしていた恐竜は、ブロントサウルスが
代表的な物としています。その体型は、全長20m
近くあり、長い”首と尾”が特徴となっている。

 その巨大な体型は、長い”首と尾”を天秤の枝に
似たような体制を取り、つり橋のような均等を保ち
歩いて行動していたと科学者に推測されています。

 また巨大な体型は、植物を消化するために必要な
「長い腸」により、巨大化したと言われ、現代での
牛や麒麟(キリン)、象などの草食動物からでも、
その様子が覗えると言われている。

 でもこれに対して私的には、『重力』を加えたい。

 BigImpactが発生する以前、地上の重力が比較的に
現在よりも低かったと考えられるのです。

 BigImpactにより、地上における気候の変化があり
地球上全ての気候に影響があったとされるのですが、
その後に衝突で発生した”塵や埃”により太陽光が
さえぎられ一時的な氷河期が発生したことで恐竜が
絶滅したとも言われている。

 私の推測では、それだけでなくBigImpactにより、
地球の自転速度が以前より早くなって、重力も増し
それによって地上の巨大生物が生息しづらい環境に
なったと考えています。

 と言うのは、BigImpactの後に繁栄した動物でわ
比較的に巨大とされる動物に、地上でわ象、麒麟、
牛などで、海中において唯一巨大とされる生物が、
鯨、大王烏賊(だいおういか)と限られている。

 BigImpactの後でも、気候が回復すれば当然に
以前の似た環境が形成され、動植物なども同類の
生態系及び個々の体型を回復する事になるはず。

 ところが、BigImpact以降においては、動物の
進化として恐竜と比較にならない程に小さい物が
繁栄している点は、気候だけでなく重力の変化も
あった事により、地上における体系維持ができず
減滅して行ったと推測している。

 動物だけでなく植物も重力による変化により、
その生態系を変え、植物自体の成長(高さ等)も
変化したと考えられます。

 皆さんならば、どう考えますか?

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、天才、秀才、馬鹿と『万屋のHIRO』)

万学的、恐竜の体型と環境条件

天才 巨大な体重等を支えるには、発見されている
   化石から推測された足だと負担が大きすぎる。

秀才 巨大恐竜が絶滅したと言われる主な原因は、
   気候の変化と言われている説が通説である。

馬鹿 巨大生物の時代は、子供が玩具で遊ぶが如く
   神様が恐竜を使って遊び、それに飽きたので
   恐竜が絶滅したのだ。

HIRO σ(^・ω・^)ボクは、個人的に恐竜絶滅の
   主原因は、”重力である”としておきたい。

弟子 確かに重力による変化で、体重を支える事が
   できなければ、生存率が低くなりますよね。

元女 BigImpact以降の時代は、2足歩行の動物が
   繁栄したと言われており、移動力の進化が
   求められた事からも、広い範囲で食料を求め
   移動する必要があったとも推測されてます。

HIRO 巨大体型時期は、身体の移動をせずに首等を
   動かす事で、食料を接種できたとも言われる。

弟子 ・・・確か師匠の部屋環境も手を伸ばせば、
   生活の8割がこなせる状況下にありますね♪

元女 それは、只単に部屋が狭いだけの話でしょ?

弟子 そうですかねぇ〜♪ だって誰かさんだって
   そこで夜を共にしたこともあったわけでしょ?
   (=^m^) ウフフ

元女 ・・・当時のHIROは、夜行性で昼間寝てたの!

HIRO \(__ ) そんな時もありました、、、

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =