記事一覧

No.0380 『判断力に伴なう保険的な考え』

2002-12-02
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0380
*======================*
作成 2002-10-19
課題 『判断力に伴なう保険的な考え』
副題 2002-10-19 <日記>より

 今日は、色々と今後の人生に付いて考えてみた。
もう毎日の如く日々に悩んでおりますが、それが
また楽しいんだぁ〜♪

 苦境になればなる程にどうすれば!どうやれば!
などと考えさせられるんだけど、それを乗越えて
こそに人生としての実感を、楽しんでいたりする。
って事は、苦境を経ての快感?(-"ω "-;)ムムッ

 だからかぁ、何気に悲観的に物事を考えがちに
なるのわ? いやぁ、ここ何年かで物事の判断が
大分言い意味で変わったと思っているのだけども、
まだ『物欲に関連する判断』が適切だと思えない。
 これは、仕事に対して言えることなんだけども、
利益追求と言う物が、欲深さの為に不利益と言う
結果を招いている感じもする。
 つまり「もし〜ならば、〜する」と言うように
この行動に対する結果は、常に利益を得れるとの
条件に設定をしているのだけども、時間と感情を
掛け合わせると、どうも上手く判断できないのだ。
 物理的な計算に対して、心理的な面と期限的な
条件の変化についてを、把握しきれていない感じ。
だから、ここ半年間何時も反省ばかりしている。

 もう少し物理的な考えを徹底して行うべきで、
それ以外に保障と言う分野も考える必要がある。
今までの業務での投資には、保障と言う物が無い。
つまり、損をしたらそのまま損益となってしまう。

 会社法のレポートを作成していて商法に於ける
学習の為に色々な文献を見ていたら保険に関する
誕生の話しが出ており驚きました。何と商法での
原点は、民法からでわなくイタリアを中心とする
香辛料貿易の発展により、会社法、手形小切手法、
保険法などでの慣習が法として定まったそうです。

 この点でも「保険法」と言う点に注目しまして、
「保険法」の存在は、収穫し加工した香辛料等を
海外などに輸出する場合、海上における事故等が
発生した場合、膨大な資金が損失してしまう事で
それらを含め、資金投資に対するあらゆる損失の
危険性から投資金を守る為に作られた制度でした。

 そしてσ(^・ω・^) ボクの業務での判断では、
この保険的な判断が、まだ的確でないと言える。
 つまり投資金に対して、保険的な考えを持って
業務に取組まなければならず、その考えを怠ると
損失に対し確定的になってしまう。

 「保険」の概念は、『投資に関する保護』で、
そこから現代に至る各種保険が誕生しているのだ。

 この概念を業務に取入れる事で、いや人生での
物事の考え方に対し『回避思案(危機管理)』を
徹底する思考に欠けていたので、日々に継続的な
反省をする事にってしまったのだ。

 と言う事で、また『危機管理的思考』を十分に
発揮して物事に取組んで行きたいと考えている。

 この『危機回避思考』は、どんな事にも利用が
できる利点があります。特に判断を必要とす場合、
この『回避思考』にて不利益に対する状況などを
事前に把握できるだけでなく、それによる欠点を
補うと言う事までを考える事ができる。

 例えば、「天気」や「宝くじ」、商談などでの
駆引きなどにも使われるほど幅広く、経済学での
ゲーム理論では、『利益取得の為の人の判断』を
あらゆる角度から研究している分野でもあります。
もちろん政治や裁判、恋愛にスポーツ等でも同様。
しかし理論と言うからは、論述的な理解であって
理論的に取得した知識を、的確な行動にて対処が
できるかが実技的な問題となるのです。ある意味、
反射的な訓練を行う事で高まりますが、過剰にて
それを極めると結局は、シェイクスピアのように
『生きるべきか、死ぬべきか、、、』なんだよね。
これを数学的に言うなら『正か負か?」更には、
政治学的に言うと『正義が不義か?』となるのだ。

 ちなみに皆さんが使っているコンピュータでの
原点は、二進法で「ON or OFF」にての
算術によって成立っている事をご存知の人も多い
はずです。現在では、16進数、32進数となり
人間の文化における進化を表してるとも言われて
いますが、ご存知でしたか?

 『判断力に伴なう保険的な考え』によって後の
人生を”ゆとり”のある生活へと導いてくれるだ♪

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、天才、秀才、馬鹿と『万屋のHIRO』)

万学的、『判断力に伴なう保険的な考え』

天才 人生の中で幾度と無く判断を強いられるが、
   人生における最大の判断は、結婚をする時だ。

秀才 この「判断力」は、常に自分が有益なる事を
   追求する事が問われるが負ける事も学ぶべき。

馬鹿 判断力には、瞬時の結果と後での結果とでの
   かなりその意味合が異なってくることもある。 

HIRO 馬鹿の言うように、その時の判断に対しての
   拘りが、その後における人生の価値観を毒す。

弟子 師匠の言うように、後での人生でそれ迄での
   判断が良かったものと思う為に明日を生きる。

元女 さぁ〜どうかしら自殺する人もいるわけだし、
   でも生きている限りは、確立として成立つわ。

神様 判断における価値観を常に有益とするならば、
   最終期に、笑顔で良かったと呟くだけで言い。

悪魔 いやいや、常に人の不幸を喜べる奴だけが、
   日々の幸福を得られるの事となるのだよ♪

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =