記事一覧

No.0377 ピラミッドに隠された数字と、文明の追求

2002-11-26
*======================*
  元祖 万<よろずがく>学 No.0377
*======================*
作成 20002-10-13
課題 ピラミッドに隠された数字と、文明の追求
副題 2002-10-13 <日記> 記載

 今日は、午前中に大学のレポートの作成見当。
午後からは、大学のレポート作成に必要な参考
資料を見付けに、図書館へと出かけてきました。

 資料が無かったので他の図書館から取寄せて
もらうよう手配をすることにして、気晴らしに
エジプト、マヤ文明に関する本を何冊か見付け
図書館で閉館まで読んでいました。

 そこで意外な情報を手に入れてしまいました。
それは、アメリカ紙幣である1ドル札の裏側に
鷹のマークと、フリーメンスンのマークが記載
されているそうなのです。ワシントンの裏側に
記載されている、ピラミッドの頂点に眼の絵が
描かれているマークなのです!

 不思議な団体ですが、秘密結社でありながら
公然とした活動を行っており、しかし、組織の
内容は、一般的に黙秘されてる現状においては、
その存在が実社会に対し微妙な関係にある事を
意味している。

 そしてまた更に驚いたのは、マヤ文明のでの
零を表す象形文字が「眼」の形に似てるのです。
σ(^・ω・^) ボクの推測では、メンスンの
マークであるピラミッドの頂点に描かれている
「眼」は、本来だと「零」を表しているのでは、
ないかと考えています。しかし、現状的には、
「見ている、見守っている」などでの意味合で
あるとのことですが、原理的にわ数字を表して
いると推測できます。

 その理由としては、「輪廻に関する意味」で
フリーメンスンの語源は、万学でも前の課題で
振れていますが、「石材加工職人」を意味して
います。その組織は、カースト制度に似た階級
制度を取入れ、それにより団体を維持してます。
また、教会や神秘的な彫刻を扱って行く事から、
次第に職人達による美の理論的な追及が深まり
「想像から創造へ転換し、そこへ社会思想をも
描いて行く団体」へ進化して行きました。

 図書館や博物館、百科事典などを世間にと、
生み出したのも彼らの社会思考によるものだと
言われる程に世界的文化の裏役者を勤めている。

 でも、その質も最近低下しているようにも
思えるのが、現在における世界状況なのです。
 特殊技術者(神秘的なセンスを持った者達)
として、結成された者達の意思が近代では、
末端まで届いていない様子も伺えるのです。
 つまりは、「名借り交流」と言う現象で、
公の場において、宗教、企業、団体、政党、
派閥などに属することで、経済的効果を含む
個人的(利己的)な経済利益、社会的地位が
見込まれる事を目的としている場合がある。

 客観的なσ(^・ω・^) ボクとしては、
そこに属しているわけでもなく、外からでの
見た感じとしては、歴史を重ねる事によって、
神秘の素質も汚れてきたのかなぁ〜と、言う
思いを抱いてしまいがちになります。

 実は、世界ではじめて紙幣の発明によって
それを実行した「オルレアン公」もメンスン
だと言う文献を発見しました。

 宗教における原点の人物や、追求している
人材達には、資本主義(貨幣価値主義)が、
人間的には、とても醜く見えるはずなんです。
 地球上における、あらゆる物を貨幣価値で
計算して、評価する事が出きる現代での資本
主義では、資本における根本的な意味合から
かなり遠ざかっている感じもします。

 先ほど、TVのニュース番組にてイラクでの
占領作戦には、第二次世界対戦時に行った、
マッカーサー占領方式同様の方法を取るとの
内容文面を公開したそうです。

 実は、マッカーサー占領方式は、私見的な
意見として言うならば「ナポレオン方式」で
その原点は、エジプト時代のクレオパトラに
纏わる武将伝説にまで遡る、祭上げ戦術です。

 石油における利益は、中国への経済参加を
見越しているだけでなく本土での経済活動が
時代の進化と共に低迷しており、産業として
成立たない分野を、遠隔地にて操作をすると
言う体制を取ると見られています。

 原点は、イギリス。しかし、その古典的な
表に出てこない根源は、エジプトの文明迄に
遡ることを意味しており、イギリスの国教で
あるキリスト教の根源は、旧約聖書のヨセフ
ですが、そのヨセフを意味している人物は、
『ピラミッドをヨーセフの墓』と福沢諭吉が
訳したことからも、キリスト教との根源との
ことを意味していると、推測しているのだ。

 聖書には、ピラミッドの事などの記載が
まったくないのですが、船に関する部分が
唯一の一致している点だといわれています。
 その船に付いては、各自で調べて下さい。

 神秘の根源へと皆さんを誘う、、、

(−ω☆)キラ〜ン♪

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
☆ 笑いの電動コケ師達 ☆
(万学的、天才、秀才、馬鹿と『万屋のHIRO』)

万学的、ピラミッドに隠された数字と、文明の追求

天才 隠された謎を解く追求心が人間を知的欲求へ
   人の心を導いて行くが振り向くとそこは・・。

秀才 古代エジプト、メソポタミア文明においては、
   「生贄主義」と言う公全的な儀式もあった。

馬鹿 三角定理、円周率、月暦、太陽暦、天文学、
   あらゆる分野の学問を私は、放棄してきた。

HIRO 医学における技術をはじめ、とにかく数字を
   つかった文化発展があったが、資源不足から
   「想像における創造の限界」があり、人類の
   世界規模における大移動が行われたと考える。

弟子 不思議なのですが、古代エジプトの彫刻や、
   絵などには、数多くの動物が描かれてるが、
   そうした動物達が実在したならば、土地的に
   かなり恵まれていた環境下にあったのですか?
   砂漠などを見ていると、とてもそう見えない。

元女 実は、その点が大きな疑問になってるのです。
   地球における自転軸の移動や、環境の異変で
   自然環境における変化が進むことで生物達も
   進化を遂げているとされています。

HIRO しかし人類が、サルからの進化というのなら
   当然に森林の中で暮らす生活が有利であって、
   砂漠などの苛酷な生活環境には、人体的にも
   恵まれた機能を持ち合わせていたと言えない。

弟子 当時での文明では、既に類人猿が各地におり
   人類としての発展を遂げたのには、体毛等を
   必要としない土地にて、長年生活をしたとの
   進化の結果では、ないでしょうか?

元女 毛を嫌う信仰上での意味合の根源に、体毛を
   必要としない地域文化の風習、人体構造での
   慣習などを取入れている名残かもしれないね。

HIRO (-"ω "-;)ムムッ 毛が無い方が好きだけど?

元女 ・・・あのね、聞いている相手によっては、
   貴方の事を理解している人でないと、第二次
   成長を迎えていない女子を性の対象にしてる
   と思われちゃうわよ!

HIRO ・・・なるほど、それが原因で彼女が・・!

元女 彼女ができないのは、別の理由でしょう♪笑

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

Mail Magazine の登録、削除、Back Number

登録、削除
Back Number(よろずや Wiki)

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =